曇りのち晴れTOP ≫  提言 ≫  内閣不信任のススメ
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります

内閣不信任のススメ

自民党議員各位

>得票率で見れば自公両党は合わせて小選挙区で全体の49%、比例区で全体の51%を抑えるに止まっており

自民党は昨年の衆院選で大勝しましたが、得票率で見ればその差は僅かでした。つまり、僅かな支持層でも失えば次回は現有議席を確保することができず、落選議員が山のように生まれることになります。皇室典範改悪などを許してしまえば、失う支持層は僅かどころで済むでしょうか。選挙区で僅差当選だった議員さん、比例区で当選した議員さん、自民党が不甲斐なくも皇室典範改悪を阻止出来なければ、あなた方は次回の選挙で落選確定です。下手をすれば自民党そのものも野党に転落するかもしれません。

選挙において国民が投票用紙に名前を書いたのは、あなた方議員の名前であり自民党の名前です。小泉さんを選んだわけではありません。そして小泉さんは絶対君主でもありませんし、支持を失えばその地位を失います。ましてや小泉さんは国民投票で選ばれた首長ではありません。別に小泉さんに反旗を翻すことは罪でも何でもありません。むしろ首長が暴走したときに、それを阻止することが議員や議会の務めです。首長を恐れ、媚び阿って暴走を許すことは、議員や議会の自己否定です。国民の代表たる誇りと使命を持って、恫喝や甘言などに惑わされず信念を貫いていただきたく思います。

小泉さんは急速に信を失いつつあります。自民丸の小泉船長に忠誠を尽くして保身や出世を図っても、その自民丸自体が沈んでしまっては元も子もありません。自民党議員が今するべきことは、もはや気が触れたとしか思えないキチガイ船長を一刻も早く拘束し罷免し、新しい船長を立てることです。それもできるだけ早急に。手間取れば手間取るほど、小泉さんどころか、自民党自体が信を失うことになります。議員さんが向き合うべきは、小泉さんや党執行部ではなく、国民であるべきです。

衆議院の現有議席配分で見ると、自民+公明の与党で327議席、野党で153議席です。内閣不信任を諮った場合に野党は基本的に賛成票を投ずると考えれば、自民党議員が90人不信任に加われば小泉首相を葬ることができます。何でも反対が売りの共産や社民も皇室典範改正に関しては、珍しくも賛同していますから(これだけ取ってみてもいかに危ない法案かわかります)、小泉支持に回ることがあるかもしれません。それを計算に入れても自民党議員で小泉不信任派が110人集まれば大丈夫ですし、150人集めればまず間違いなく小泉首相を葬ることができるでしょう。小泉さんを恐れることはありません。あなた方が結集すれば小泉さんを葬れるのですから。

以上、内閣不信任のススメでした。ご検討よろしくお願いいたします。

以下の駄文もお暇でしたらお目通しお願いします。
小泉純一郎のつぶやき
小泉純一郎のつぶやき2


曇りのち晴れ管理人 衣川康人
http://kumohare.seesaa.net/


○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○



以上、これから自民党議員にメールします。


コメント
投稿者:i(2006年02月03日 10:57)
郵政法案の是非は様々な考え方があったにしても、今回の皇室典範の問題に関してはまさに、ただの小泉迎合者、小泉マスコットであるかないのかが問われる正念場ですね。

私は、(小泉総理が敬意を表して参拝ししているはずの)靖国神社に眠る天皇陛下、国の為に命をささげた英霊たちが、決して今回の暴挙を許すはずがないと思うのです。相次ぐ政界・官僚の不祥事、想像以上に盛り上がっている皇室典範改悪に対する一般人の関心、反対運動の盛り上がり、がそれを示していると思います。このまま強行すれば自民党は壊れるでしょう。

民主党の中でも一部の議員が立ち上がったそうですね。うれしいです。(喜ぶのはまだまだ早いのでしょうが)これを機に政界のねじれ現象も正されるといいですね。
投稿者:百式(2006年02月03日 15:18)
 衣川康人さんに大賛成です!頑張ってください。では、応援クリックして帰ります。
投稿者:衣川康人(2006年02月05日 00:43)
iさん

麻生さんや谷垣さんなどポスト小泉の面々も慎重論を唱え出しましたね。核が出来れば反対派も結集しやすいですから、このまま反対派や慎重派が大多数となり廃案になることを期待しましょう。


百式さん

応援ありがとうございます(笑) 励みになります。
コメント投稿フォーム:
: [必須]
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバック
トラックバック一覧:
現在、皇室典範改正を目論む、日本崩壊小泉内閣、彼を私は前回の選挙において推した、理由は「郵政民営化」、これが田中から流れる金脈政治を断ち切り大きく変革する第一歩になると思ったからだ、今でも私はこのとき.. [続きを読む]
from 一 夢 庵 風 流 日 記 (2006-02-02 23:19)
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります
Copyright (C) 曇りのち晴れ. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。