曇りのち晴れTOP ≫  雑感 ≫  庇を貸して母屋を取られる
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります

庇を貸して母屋を取られる

最近読了した「ローマ人の物語」の最新刊「キリストの勝利」には色々考えされられました。

簡単に概略を。

・豊かで寛容な多神教のローマ
・非寛容な唯一神教のキリスト教

緩みだしたローマ帝国と、それに伴い揺るぎだした皇帝の権威。信者を急速に増やしていたキリスト教を、支配の道具、方便として利用する皇帝。様々な形で優遇されるキリスト教。ローマの寛容さに生かされつつ、教勢を拡大してゆくキリスト教。教勢が強まるにつれて露わとなるキリスト教の非寛容さ。自教勢力の優遇による、キリスト教勢力の特権化。冷遇され排撃される「異教」勢力。やがて皇帝さえも屈従させるキリスト教の権威。



なんか某国の現状に非常に似ているような気がするのは私だけでしょうか。自民党が政権を執るために方便として組んだ、非寛容な創価学会肝いりの公明党。創価学会の固定票を持ち選挙に強い公明党は味方としては心強く、国家観や政策が大きく異なっていても切り離しがたい。やがて連立の見返りとして政策に介入する公明党(実質は創価学会)。与党としての利権により国家の要所要職を占めてゆく創価学会。優遇される創価学会。

・・・現段階ではこの辺まで進んでいます。目に見える動きもいろいろありますし、どなたでもだいたい想像は付くと思いますが、続きも見てみたいですか?私としては決して見たくない未来です・・・


コメント
投稿者:anonymous(2006年02月21日 12:49)
反そうかの民主党員と自民党がくっつけば一番いいのでしょうが、それでも無視できない存在であり続けるのでしょうか...。
投稿者:衣川康人(2006年02月21日 23:39)
anonymousさん

政教分離はやはり必要だと思います。公明党は明らかに日本の国益よりも、ある特定集団の利益を優先させています。
投稿者:milesta(2006年02月23日 22:16)
塩野七生さんの本には歴史から学んだ政治や外交のヒントがいっぱい詰まっていますよね。きちんとした政治哲学をお持ちのようですし、昔から「保守」を自認してらっしゃいますし、塩野外相というのを見てみたいです。

非寛容な宗教は甘く見たら大変なことになりますね。とにかく自分が正しいと思っていますから、人の話を聞く耳を持っておらず、執念深い。ああ、日本はどうなってしまうのでしょう。
投稿者:衣川康人(2006年02月23日 22:26)
milestaさん

ローマ人の物語の最新刊は今まで通読してきた者としては、涙無しでは読めません。
異教の神々だからという理由で、ローマの精神と栄光を彩ってきた価値ある神殿や彫像が打ち壊され、ゴミのように捨てられていく光景・・・

歴史は常に勝者のもの。負ければ何もかもがおしまいです。
投稿者:女子大学生 すでに3500人以上の方が活動中(2006年03月01日 16:59)
やっぱりです  ぜひ見てください
http://tool-4.net/?id=pachicyu
ここにも書いてある  ぜひ見てください
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2006/02/post_bf43.html#comments
投稿者:(^-^)風顛老人爺(2006年04月16日 04:04)
拝啓、創価学会は宗教ではありません。 課税しましょう。 拒否すれば、庶民の味方という建前が崩れます。 課税しましょう。 選挙に行きましょう。 投票率が低下すると、あの学会が益々 勢力拡大します。 歯止めを掛けましょう。 草々
投稿者:衣川康人(2006年04月17日 00:44)
(^-^)風顛老人爺さん

私も全く同意です。
コメント投稿フォーム:
: [必須]
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバック
トラックバック一覧:
啓示宗教は偶像崇拝を否定的なようで、仏教を批判する際の一つのパターンになっていますね。でも、そんなに難しい話ではないと思いますよ。 [続きを読む]
from 心の幸福と宗教の世界 (2006-05-06 12:07)
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります
Copyright (C) 曇りのち晴れ. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。