曇りのち晴れTOP ≫  雑感 ≫  民主党は今後かくあるべき
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります

民主党は今後かくあるべき

前原執行部が総退陣、永田氏も辞職願…7日に代表選


民主党の前原誠司代表(43)は31日、永田寿康衆院議員(衆院比例代表南関東ブロック、党員資格停止中)が引き起こした「偽メール」問題の責任をとり代表を辞任した。
前原氏の後任は4月7日の両院議員総会で党所属国会議員の投票により選出される。 一方、議員辞職を拒んでいた永田氏は党の説得を受け入れ、31日午後、河野衆院議長に議員辞職願を提出した。4月4日の衆院本会議で辞職が許可される。
前原氏は31日昼、党本部で開かれた党臨時役員会で辞任する意向を表明し、その後、国会内で開かれた両院議員総会で前原氏の辞任と鳩山幹事長ら党執行部の総退陣が了承された。両院議員総会で、鳩山氏は代表選挙を7日の両院議員総会で行う方針を示し、了承された。

前原氏は31日夕、党本部で記者会見し、辞任の理由について「問題を打開し、野党第一党の責任を果たし、国民の信頼を取り戻し、政権交代を腹の底から訴えるには、人心一新が必要だと考えた」などと語った。
前原氏の後任について、党内に「危機克服にはベテラン議員への一本化を図るべきだ」との意見があるため、小沢一郎・前副代表、菅直人・元代表、鳩山氏らを軸に動きが活発化しそうだ。
また、次期代表の任期は現状のままだと前原氏の残り任期の9月までとなるため、「つなぎ役」として渡部恒三国会対策委員長の起用を求める声もある。
これに関連し民主党は31日、「偽メール」問題に関する党検証チームの調査報告書を公表した。この中では、永田氏が元記者、西沢孝氏から提供を受けた「偽メール」を本物と思い込んで検証を怠り、事実と違う情報を当時の野田佳彦国会対策委員長に伝えて誤信させたと断定した。
野田氏が「新たな証拠」を入手するため1000万円程度は党で用意できるとの考えを永田氏に伝えていたことも明らかになった。
同日夜、国会内で記者会見した永田氏は、「これ以上の混乱を避ける意味で、この判断(辞職)が正しいと理解した。もっと早い段階で辞職していれば日本の受けたダメージを小さくすることができたと言われれば、確かにそうかも知れない」と述べた。
(2006年3月31日21時11分 読売新聞)



民主党の前原代表。確かに永田議員とその国会質問をチェックし止められなかった責任、不確実な情報を元にしているのにもかかわらず、つまらない意地を張り通す愚かさなどはありました。

しかし日本の野党の代表にしては中韓の主張に安易に阿らず、竹島問題や中国の軍拡問題ではきわめて適切な主張をするなど、国益を第一に考えた与党に成り代わりうる政権準備野党の姿の予兆を期待させる何かが、確かに前原代表にはありました。私としては前原代表の辞任は本当に残念で仕方がありません。

今後の民主党ですが、今回の前原代表の辞任劇は民主党の清潔さを示し、信頼回復することには残念ながらならないように思います。早くも小沢氏、菅氏などの名前が次期代表候補として上がってきているようですが、前原前代表から見ると、以前のような抵抗野党としての姿に大幅に後退するような印象しかありません。

民主党の右派にとっても左派にとっても一緒にいる意味はもはやないだろうと思います。なにもかもが中途半端の劣化自民の野合政党だから国民の前向きな支持が集まらないのです。右派の国民にとっては民主党左派は容認できないですし、それは左派の国民も同じでしょう。一緒にいることでお互いに足を引っ張っているわけです。つまり自民党がポカをした結果、批判票として対抗勢力の野党第一党の民主党に票がいく構図でしか、民主政権の目はないわけです。しかも批判票で「悪い」自民党政権を打倒した結果、「より悪い」細川政権や村山政権が生まれた痛い教訓がありますから、国民には安易な野党支持にも免疫ができています。

批判票の受け皿としての「規模の大きさ=野党の意義」の時代はもう終わりました。民主党は袂を別って2つか3つの党に再編成してそれぞれの主張を明確に出し、前向きの支持を集められるような政党になるべきではないでしょうか。自民はもう嫌だが「劣化版自民の民主」はもっと嫌だという国民のために、民主党は安易な野合をやめて分党し、主義主張を多様化させるべきです。

前回の衆院選で支持する政党ですが、消去法の結果、自民しか選択肢に残らなかったという方も多かったと思います。民主党の右派は分党こそが大いなるチャンスだと知るべきです。規模は一時は小さくなりますが、売国嫌い、創価公明嫌いの票ですぐに挽回できると思うのですが。民主の右派が平沼さんなどを担いで新たな保守政党を立党するならば、少なくとも私は喜んで投票させていただきたいと思います。



banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります


コメント
投稿者:猫だぬき(2006年04月02日 11:25)
こんにちは。
政界再編、やって欲しいですね、本当に。
平沼氏を担いで「反売国、反創価」の党を作る… 
夢のような話です。

もし本当にそんな党ができたら、私は候補者のいる選挙区に引越しして、友人知人親類すべてに電話作戦をして、生活の
全てをかけて応援します。

…ってあれ?
その戦法はどこかに似てる? (笑)
投稿者:BlogPetのあん(2006年04月02日 16:24)
細川政権とかを公表しなかったよ。


投稿者:衣川康人(2006年04月02日 23:58)
猫だぬきさん

>その戦法はどこかに似てる? (笑)

冗談抜きで奇麗事や正攻法だけにこだわっていては、いつまでも現状は変わらないでしょうね。
彼らのような汚れたやり方であっても、それで世の中を変えてゆくことができるのならば、ためらわずにそうする道を私は取ります。
投稿者:饂飩之介(2006年04月03日 08:24)
>袂を別って2つか3つの党に再編成してそれぞれの主張を明確に出し、前向きの支持を集められるような政党になるべきではないでしょうか

その過程で所謂「売国」が淘汰されるとなお良しですなぁ…

結果、まともな右派野党、左派野党ができて、時勢に沿って何れかが腐れ宗教政党の変わりに自民と連立
行く行くは其々自民も巻き込んで政界全体の再編→真の二大政党制

なんてなってくれないかなぁ……
投稿者:衣川康人(2006年04月04日 00:25)
饂飩之介さん

コメントしていただいたこと、私も全くの同感です。

民主の有望な若手にいずれメールでお願いしようと思います。
「あなた方の未来は今の民主党には無い」と。
コメント投稿フォーム:
: [必須]
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバック
トラックバック一覧:
前原民主代表辞任へ、偽メールで引責 とうとう辞任ですか。前原さんには期待していただけにとても残念です。 でも、確かにこのメール問題では最初から最後まで不手際続きでしたからね。 代表辞任くらいしないと.. [続きを読む]
from ねこまんま (2006-04-01 00:22)
野党の次期党首の話題なんて、次期総理を占う作業に比べたらたいして面白くもないはずなのに、マスコミは「ポスト前原」を実に楽しそうに予想している。みんな真面目な顔して「民主党の建て直しが大事」なんて言って.. [続きを読む]
from 猫だぬきのこだわり (2006-04-02 11:19)
毎日楽しいなぞかけをつくってます。「結局、証人喚問がなくなった西澤孝氏」とかけて・・・ [続きを読む]
from なぞかけブログ (2006-04-03 11:35)
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります
Copyright (C) 曇りのち晴れ. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。