曇りのち晴れTOP ≫  雑感 ≫  野合民主に未来はあるか
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります

野合民主に未来はあるか

民主新代表に小沢氏、自民との対決姿勢を強調

民主党代表選は7日、両院議員総会での所属国会議員による投票の結果、小沢一郎氏(63)が菅直人氏(59)を47票差で破った。小沢氏は選出後の記者会見で、党再生と政権交代に全力を挙げる考えを表明。党役員人事では菅氏と鳩山由紀夫氏を要職で処遇する意向を示すとともに、人事の骨格を8日中に固める方針を明らかにした。10日の両院議員総会で小沢新体制が発足する。

小沢氏は会見で「自民党は役所任せの場当たり、無原則な政党だ。新しい時代に対応する理念と基本政策を示すことが民主党の大事な役割だ」と述べ、自民党との対決姿勢を強調。そのうえで「政権交代こそ真の構造改革だ。民主党政権を作る必要性を国民に訴えていきたい」と語った。

人事に関しては「挙党態勢の構築は当然だ。菅氏との関係は2人三脚だし、鳩山氏も今回、挙党態勢の維持に腐心してもらった。3人が力を合わせてやることも考えなくてはならない」と指摘した。党内では菅氏を幹事長などの要職で処遇するとの見方が出ている。
2006年4月7日 日本経済新聞


民主党代表に小沢氏選出 菅氏に47票差

民主党は7日、東京都内のホテルで両院議員総会を開き、送金メール問題の混乱で辞任した前原代表の後任に小沢一郎前副代表(63)を選出した。党所属国会議員による投票結果は、小沢氏の119票に対し、菅直人元代表(59)は72票だった。小沢氏は新執行部の骨格を8日に発表する考えで、挙党態勢の観点から菅氏や鳩山由紀夫幹事長を執行部入りさせる方針を表明した。今後は、07年参院選や次の衆院選に向け、政権交代を狙ううえで失墜した党の信頼をどう回復させるかが焦点となる。

7日午後、都内で開かれた両院議員総会には党所属の衆参192議員のうち191人が出席。投票に先立つ演説で小沢氏は「私自身を、そして民主党を改革しなければならない」と訴え、菅氏に47票の大差をつけて初めて同党代表に就任した。
小沢代表の任期は前原氏の残り任期である9月末までとなる。代表選出後の記者会見で、小沢氏は「9月の選挙戦では自分の考えをまとめて、党員やサポーターに提示した上で審判を仰ごうと思っている」と述べ、再選を狙う考えを示した。
挙党態勢を築くことができるかどうかが注目される新執行部の態勢について、小沢氏は会見で「菅さんとの関係で言えば二人三脚。また鳩山幹事長も今回非常に挙党態勢の維持のために腐心してくれた」と指摘。菅、鳩山両氏を何らかのポストで新執行部に迎える考えを示した。

選挙戦は、小沢氏が鳩山氏の支持グループや旧社会党系グループ、旧民社党系グループなどから相次いで支持を得て優位に進めた。
中堅・若手議員からの支持に期待していた菅陣営からも、「若い人たちからも小沢さんに期待を込めた票が入ったことは事実」(江田五月参院議員)。47票差という結果に、野田佳彦前国対委員長に近い議員は「思ったよりも差が開いた。今回の世論は圧倒的に小沢支持だった」と指摘する。

今後の焦点は、同党の基本政策をめぐる党内論議の集約と、後半国会の対応に移る。前原前代表は「中国脅威論」にも言及し、今国会の会期中に外交・安全保障の基本方針を取りまとめる方針を掲げていた。ただ、小沢氏は日米関係を基軸としながらも、日中、日韓関係にも配慮する姿勢だ。
また、小沢氏は会見で「国民にアピールするためには、きちんとした我が方の考え方を分かりやすく出していかなくてはいけない」と指摘。これまでよりも、与党との「対決」をめざす姿勢が強まるのは必至だ。
小沢氏は代表選に際して、改革理念を示すキーワードとして「公正な国」「共生」を掲げ、環境問題への取り組みを強めることや、アジア外交を重視する姿勢を打ち出した。さらに、内政の重要課題として(1)人づくり(2)地方支援のあり方(3)格差社会の是正を挙げた。

2006年04月07日21時56分 朝日新聞


こんな民主で結束できるの グループ7つ理念バラバラ

メール問題で揺れた民主党は七日、代表選に突入する。話し合いなのか、選挙戦なのかとすったもんだしたが、野党第一党として、自民党の「対抗軸」を期待する国民からすればもどかしいばかりだ。もともと寄せ集め集団だが、大事なのは代表選後のはず。「挙党一致」という言葉も飛び交うが、民主党の“結束”って、本当に実現するの?

「(挙党態勢は)全員の意思だ」「代表選後は一致団結して、自民党政権に体当たりしたい」−。小沢一郎前副代表と菅直人元代表の一騎打ちの方向となった四日から五日にかけ、民主党幹部からは、「挙党態勢」「一致団結」をことさら強調する発言が相次いだ。

■『挙党』いまだなく…連呼

これほど党の結束を強調しなければならないのは、同党がもともと理念・政策の大きく異なる旧党派の寄り合い所帯だからだ。ほぼ出身政党別に集まった主要なグループが七つある。
二〇〇一年まで同党事務局長を務めた政治アナリストの伊藤惇夫(あつお)氏が、こう解説する。
「まず前提として、民主党のグループは自民党の派閥と似て非なるもので、名簿もない緩やかな集まりだ。各グループに中核メンバーはいるが、その外側はあいまい。一人が二つのグループに属していたり、メンバーに数えられているが、本人は違うというケースもある」
グループの人数が確定しないのはそんなわけかららしい。

小沢グループは旧自由党出身、当選一、二回の若手がつくる一新会が中核だ。人数は三十五人程度。党内で最も派閥的な色彩が濃く、勢力拡大を図る。

菅グループは旧さきがけ出身、市民活動出身者ら二十五人ほど、鳩山由紀夫幹事長のグループは一九九六年に結党した旧民主党時代からの側近ら二十−二十五人でつくる。

旧社会党系は党内唯一の護憲を主張するグループで、横路孝弘衆院副議長のもとに十五人前後が集まる。護憲のイメージからは遠い小沢氏支持を早々と表明したが、その背景について、伊藤氏は「世代的な問題がある。小沢、横路両氏ともベテランなので、上の世代の連携を図っているのだろう」とみる。

さらに、川端達夫前幹事長を中心にした旧民社党系が十五人程度。前原誠司代表のグループが二十五−三十人、野田佳彦前国対委員長のグループが十五−二十人で、両氏はともに松下政経塾出身で近い関係にある。また、羽田孜元首相のグループが五−十人。どのグループにも属さない議員が四十−四十五人いる。

各グループの理念・政策の違いは、外交・安全保障政策に顕著だ。前原代表が憲法を改正し、集団的自衛権の行使を可能にすべきだと主張した際には、各グループ横断の政策勉強会「リベラルの会」ができ、反対を打ち出した。グループの色分けは別表の通りだが、伊藤氏は「小沢さんは鳩山さんの右か左の隣にいる」と説明する。

■小沢新進党を若手は知らず

さらに、当選回数別にみると、若手に大きく偏るのも特徴だ。衆院では約六割が当選三回以下。参院は当選一回が過半数を占める。つまり「小沢新進党」を知らない世代が多いことになる。こうした構成を踏まえ、伊藤氏は「上の世代が旧党派を引きずり、自分のグループに入る者は面倒を見るが、多数の若手を無教育のまま野放しにしている。若手は自分さえよければいいという姿勢になり、民主党を愛している人があまり多くない」と指摘する。

■『好き嫌いで権力ゲーム』

「結党からこれまで一度も挙党態勢ができたことがない」(伊藤氏)という同党だが、この危機感の中、今回こそ、本当に結束するのだろうか。

政治評論家の森田実氏は「このていたらくは、ベテラン同士がけん制しあい、前原氏のような“子どもたち”に権力ゲームを委ねた結果だ。権力闘争を繰り広げる派閥が一夜にして手を組む自民党に比べ、(幹部同士の)好き嫌いでやっている」と言い切る。

ハト派とタカ派が同居しているだけに、大同団結がたやすくない事情もあるが、森田氏は「政治は、よい意味の妥協が必要。果てしなく議論し続けるのはナンセンスだ」と批判する。

住基ネット(住民基本台帳ネットワーク)反対運動を通じて、民主党と連携した経験のあるNGO関係者は「民主党も電機・通信業界出身の議員を抱えている。どっちつかずの政党だ」と話す。

個人情報保護法の審議でも、「全業種に適用する一般法ではなく、通信・医療・金融分野などの個別法だけを作るべきだ」という日弁連やNGOの進言をけって、民主党は、政府提案と同じ「一般法」に突き進んだ。旧社会党系議員らがNGO側で奔走したが、執行部は聞き入れなかった。

NGO関係者は「個人情報保護法を早急に作って住基ネット反対の世論をつぶす動きに、民主党も同調した。政権を取っても官僚に手玉に取られるのがオチ。国民のためにも早く解党してもらいたい」と怒る。

「表現の自由などをめぐりタカ派姿勢の小泉政権に対し、中途半端な態度しか示してこなかった」と批判するのは、この問題に詳しい田島泰彦上智大学教授(憲法、メディア法)だ。

「憲法九条を変えると言っているし、自民党リベラル派よりも右寄りの議員がいっぱいいる。市場原理主義で突っ走る小泉政権の対抗軸にならなければいけないのに、“公正・平等”とか“人間的な社会”を打ち出そうともしてこなかった」とし、民主党が“自民党そっくりさん”となった原因は「人材供給源の酷似にある」と断言する。

「官僚出身者や二世議員が多い点は自民党そっくり。自民党と同じ考えで、自民党には入れなかった人材で構成している。その点、イギリスの労働党は保守党との違いがはっきりしている」。民主党は、自民党の二軍なのか?

 では、民主党再生のシナリオとは−。

森田氏は「批判勢力に徹すること。民主党は、政府の手先化したメディアから『批判ばかりするな』と攻撃されて(対案路線に)乗ってしまい、まるで自民党の一派閥のようになった。その結果、日本はタイやフランスより無気力な“批判”が許されない社会になった。国民の不満を受け止め、国会の場でぶつける政党が必要だ」と提言する。

一方、評論家の小林吉弥氏は小沢氏の代表就任を予想した上で「民主党は対案路線をやめ、重要法案の審議に応じる条件にヤミ献金問題で橋本龍太郎元首相の証人喚問要求を持ち出すなどし、(憲法改正のための)国民投票法案などに待ったをかけるだろう。『自民党の言いなり』とあきれていた国民は徹底抗戦路線を支持するはずだ」と読む。

民主党は挙党態勢を築き、政権交代に再挑戦することができるのか。前出の伊藤氏は注文を付ける。

■国民に明快なメッセージを

手をつないで仲良くしていれば挙党態勢になれるわけではない。党内の亀裂や分裂も恐れずに、基本理念・政策を徹底的に議論して、そこを乗り越え、国民に明確なメッセージを打ち出さなければ、国民の強固な支持は得られない。自民党も政策・理念はあいまいな面があるが、それは与党だから許される。自民党のミニチュアでは、いつまでたっても政権にはたどり着けない
2006年4月6日 東京新聞


小沢一郎 - Wikipedia



民主党の新代表は小沢さんになったようです。まずはおめでとうございます。でもただ一つにくっついているだけの挙党態勢で何ができるのか、疑問ではあります。小沢さんの「剛腕」も順境でこそ威力を発揮するものの、逆境には使い物にならないような気がしますし。

一週間ほど前の自己記事からまた引用します。


民主党の右派にとっても左派にとっても一緒にいる意味はもはやないだろうと思います。なにもかもが中途半端の劣化自民の野合政党だから国民の前向きな支持が集まらないのです。右派の国民にとっては民主党左派は容認できないですし、それは左派の国民も同じでしょう。一緒にいることでお互いに足を引っ張っているわけです。つまり自民党がポカをした結果、批判票として対抗勢力の野党第一党の民主党に票がいく構図でしか、民主政権の目はないわけです。しかも批判票で「悪い」自民党政権を打倒した結果、「より悪い」細川政権や村山政権が生まれた痛い教訓がありますから、国民には安易な野党支持にも免疫ができています。

批判票の受け皿としての「規模の大きさ=野党の意義」の時代はもう終わりました。民主党は袂を別って2つか3つの党に再編成してそれぞれの主張を明確に出し、前向きの支持を集められるような政党になるべきではないでしょうか。自民はもう嫌だが「劣化版自民の民主」はもっと嫌だという国民のために、民主党は安易な野合をやめて分党し、主義主張を多様化させるべきです。

前回の衆院選で支持する政党ですが、消去法の結果、自民しか選択肢に残らなかったという方も多かったと思います。民主党の右派は分党こそが大いなるチャンスだと知るべきです。規模は一時は小さくなりますが、売国嫌い、創価公明嫌いの票ですぐに挽回できると思うのですが。民主の右派が平沼さんなどを担いで新たな保守政党を立党するならば、少なくとも私は喜んで投票させていただきたいと思います。



大きくまとまることで野党第一党の立場を保持しておけば、増税するとか汚職事件が発生するとかの事態を受けて、与党自民党に対して批判が高まれば、対抗野党第一党に批判票が集まり、政権交代が起きる。

民主党が野合をしてまでも大きくまとまっている意味は、この戦略を採ると公言しているようなものです。つまり民主党の予想される戦術は
・自民党のあら探し
・自民党批判
という相変わらずの不毛なものとなります。

対案路線を大きく打ち出した前原さんでさえ、この路線を修正することはできませんでした。前原さんが辞任した理由となった永田議員のメール問題そのものが、自民のあら探しそのものであったことはある意味象徴的です。

民主党は野合政党ですから、党内の意見をまとめられません。つまり、国民に新たな魅力ある国家像を示すことができないわけです。だからこそ、与党の足を引っ張る、蹴るといった後ろ向きの戦術しかとれないわけです。こうした政治風土では、建設的な意見が生まれてくるはずもありません。

民主党はやはり分党するべきと私は思います。自民党に投票したくない有権者のためにも。自民党そのものが野合政党ですから、主義主張を鮮明にした新政党は自民に飽き足らない有権者の指示を集める要素が大いにあります。また、長年の同党政権は必然的に、各所に不明朗な国益に反する癒着や利権構造を生みます。適度な政権交代が望ましいことは国民も知っています。

民主党は野合政党である限り、新しい国家像を示して国民の前向きな賛同票を得ることはできない宿命にあります。これはメディアの体質と密接な関連があるのですが、これはまた次稿に譲りたいと思います。


banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります


コメント
投稿者:(2006年04月08日 04:35)
>大きくまとまることで野党第一党の立場を保持しておけば(中略)批判票が集まり、政権交代が起きる。

この構図が自由党が民主党に合流した頃まではギリギリ生きていたんだと思うんすよ
一党が超長期政権に留まり行政が淀むという弊害vs烏合の衆の野党第一党
両天秤に架けて、そこそこ吊り合いが取れたんで議席が取れた

翻って現状どうかというと、淀みが完全と言うには程遠いながらも小泉政権になってから少し流れる気配を見せている、自民自体の体質が変わってきているように見える(個人的には結構懐疑的ですけど、それでも昔よりは良いと思ってます)
こうなると自民対民主という相対的な評価以外に、民主が単体でどれだけ力量を持っているか絶対値的な見方も加味して天秤を測らなければならない
結果は…まぁ前回選挙の体たらくな訳ですな

それでも小沢党首は「政権交代」と言い続ける
我が世の春を再びなのか、最後のチャンスと思っているのか、単に時勢が読めていないのか、再び党を割って出る布石にするつもりなのかw
正直何したいのかよく判らんですな


まぁ当分は見守るしかない訳ですけど
壊し屋の異名通り、後年「あの時小沢が党首になったのが政界再編のきっかけだったなぁ…」と言われるとか、ガラガラポンの発火点になってくれるなら大歓迎ですけどwww
投稿者:猫だぬき(2006年04月08日 16:42)
こんにちは。
先日もコメントさせていただきましたが、
政界再編ガラガラポン
 ↓
 ↓
平沼氏を軸とした本物の保守党誕生を
心から願ってます。

そういう意味では、中途半端に「党内融和」が
うまそうな菅氏ではなく、壊し屋小沢一郎が
代表になったことを喜んでます。

今回の代表選に対する国民の注目度の高さを
渡部恒三はニコニコ笑ってはしゃいでますが、
国民が民主党のどこを見てるのか、冷静に
見極めていただきたいところです。
投稿者:小楠(2006年04月08日 19:22)
違う話題ですみませんが、二階経産業相が
EPA構想を推進し2010年に締結を
目指すと表明しました。
これはEUと同じ共同体を中韓を含めて
作ろうというもので、中国覇権の推進その
ものです。絶対に阻止する必要があります。
詳細は私のブログヘッダー部分にアップ
しました。是非二階や政府にに抗議しましょう。
投稿者:衣川康人(2006年04月09日 00:35)
ゴンベエさん

的確な補足、ありがとうございます。私の認識や願望もほぼ同じです。

>正直何したいのかよく判らんですな
ひょっとして小沢さんは野党をひたすら弱体化し続ける自民党の特上級工作員だという思いが記事を書いているときに浮かびましたが、あまりにも電波なので(笑)本文に書くのは控えました。あまりにも良いネタ振りでしたので、これを機会にコッソリ書かせていただきます(笑)


猫だぬきさん

>平沼氏を軸とした本物の保守党誕生を心から願ってます。

私も全く同意です。民主の若手右派は自分たちの動向が政界再編の鍵を握っていることに気づいていないようです。いずれ教えて差し上げたいと思っています(笑)


小楠さん

この動きは中共に向けての二階のアピール&リップサービスかと。小泉首相の任期とともに彼もポストを失うでしょうし、反対論も早速でてきた中で2010年の実現などまず不可能です。
憲法なども当然改正しなければならないでしょうし、今の日本では良くも悪くも無理です。とりあえずは戯言として聞き流してよいレベルのものだと思います。
コメント投稿フォーム:
: [必須]
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバック
トラックバック一覧:
民主党の新しい顔となった小沢さん、「私も変わる」と宣言した数時間後には、「変わると言っても本質は変わらない」と言ってたので、要するに本質以外の表面だけを変えますよってことでしょうか。それって右から左ま.. [続きを読む]
from 猫だぬきのこだわり (2006-04-08 16:37)
ライブドア事件から偽メール事件、永田議員の辞職と指導部総辞職。野党第一党としての民主党はどこに行くのか。あなたのご意見をどうぞ。 [続きを読む]
from 共通テーマ (2006-04-08 17:05)
民主党は小沢さんですか。9月以降の戦いは、小沢対安部でしょうか。安部さん若いんで、ちょっと苦戦しそうですね。 [続きを読む]
from 役立つ情報のジオログ (2006-04-10 17:35)
民主党の新党首に小沢氏が就任しました。私は民主党の支持者ではありませんが、まともな政党が少しでも増えてくれるに越したことはないので、期待はしたいと思っているのですが、どうもダメでしょうね。 [続きを読む]
from Dr.マッコイの非論理的な世界 (2006-04-12 09:43)
「日本国憲法は改造憲法である。彼を改造したのは正義の秘密結社メリケンである。悪の秘密結社キタチョンは日本を恫喝する悪の組織である。世界の平和と秩序を守るため、天皇制を奉ずる日本国憲法は戦うのだ。」 .. [続きを読む]
from しゃも(鶏)が「勝手に解説するぜ!オイコラ聞けよ!」 (2006-04-16 13:55)
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります
Copyright (C) 曇りのち晴れ. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。