曇りのち晴れTOP ≫  紹介 ≫  スイス政府「民間防衛」
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります

スイス政府「民間防衛」

私のブログにお越しいただきありがとうございます。
みなさんに紹介したいサイトがあります。私はこのサイトの内容こそ、
日本社会と日本国民が最も学ぶべきものと確信しています。

スイス政府「民間防衛」に学ぶ

だまされたと思って(笑)ぜひご覧ください。
コメント
投稿者:うろこ目(2005年07月06日 00:18)
ずっとこちらを読ませていただいてます。
初めてコメントします。
この本に興味を持ったので早速買いました。
まだ最初しか読んでませんが、27ページの「ある国のごときは、防衛の態度を何ら示さないうちに敗北し、占領されてしまった。なぜかと言えば、それぱ、その国民の魂が、利害関係のある「友人」と称する者の演説にここちよく酔わされて、少しずつ眠り込んでしまったためである。」という部分に背中が寒くなりました。
私は無知なのでこの「ある国」がどこなのか分かりません。しかし日本でも間違いではないと思いました。
現在の親米で利益を得られない人たちが、必死で親中に傾けようとしている、という状態に見えます。
私は中には危険を感じるので、追従と言われても米の方が良いのではと思います。
投稿者:まったり(2005年07月07日 00:58)
うろこ目さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
凶悪な意思を秘めた中国の正体を国内、国外向けにしっかりと伝えていくことが大事だと思います。
美辞麗句を餌に純粋無知な人々が、知らず知らず売国行為に加担させられ、挙句の果てに国の背骨を抜かれてゆく恐ろしい過程が「民間防衛」には記されています。
民主主義では民衆自らが自覚を持っていないと、極めて容易に外部からの工作活動に屈してしまいます。民主主義では無知は罪です。「民間防衛」普及にご協力お願いいたします。
>私は中には危険を感じるので、追従と言われても米の方が良いのではと思います。
おっしゃるとおり、今の情勢では親米路線は唯一無二の選択肢です。ロシア、インドなどとの提携も視野に入れるべきかも知れません。
コメント投稿フォーム:
: [必須]
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバック
トラックバック一覧:
----------------------------日本:仙台:9時0℃:晴れ----------------------------一冊の良い本との出会いから、あなたの人生に全ての良いことが起こ.. [続きを読む]
from 本のソムリエ提供「一日一冊:読書日記」 (2006-01-18 11:12)
スイスの民間防衛 って日本じゃ無理。 マスコミ、文化、大衆心理だけじゃなくて、思想、宗教も警戒の対象とされてるんだから、創価学会にも靖国神社にも警戒しなきゃいけなくなる。 民間防衛 に従えば、公明.. [続きを読む]
from Chaotic Neutral (2007-05-04 10:21)
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります
Copyright (C) 曇りのち晴れ. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。