曇りのち晴れTOP ≫  世界 ≫  平和に勝る価値は無い
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります

平和に勝る価値は無い

アジアと日米中の動きの続きです。


中国、米国の「中国軍事力報告書」に厳重な申し入れ
楊潔シ外交副部長は20日、在中米国大使館のセドニー臨時代理大使を呼び、米国防総省が19日に発表したいわゆる中国の軍事力に関する年次報告書について、中国政府を代表して厳重な申し入れを行った。楊副部長は次のように表明した。
同報告は何の根拠もなしに中国の国防近代化を攻撃し、中国の正常な国防建設と軍事計画に横槍を入れるものだ。同報告は何の根拠もなく、中国がすでに世界第3位の軍事大国になったとか、中国の軍事の急速な近代化がアジア太平洋地域における米国などの軍事力への脅威になるなどと、公言している。また、中国軍の近代化が台湾に対抗措置強化の必要性をもたらしていると吹聴し、これを口実に台湾に先進兵器を売却しようと企図している。同報告は事実を無視し、「中国脅威論」を精一杯撒き散らし、中国の内政に粗暴な干渉を行い、中国と他の国の関係を挑発している。国際関係の基本ルールと3件の中米共同コミュニケの原則に著しく違反する米国のこの行為に、中国は強烈な不満と断固たる反対を表明する。
中国は独立自主の平和外国政策を堅持し、防衛型の国防政策を実行している。近年来の経済発展に伴う国防費のある程度の増加は、主に将兵の生活条件の改善によるものだ。同時に、複雑で変化に富む国際情勢に対応し、国家の主権・安全・領土保全を守るため、中国軍は武器と装備の一部を新しくする必要がある。これは主権国家として中国が当然持つ権利である。実際、中国の国防費は他の大国と比べ、常に低い水準にある。昨年の中国の国防費は約255億7900万ドルだったが、米国の国防支出は4559億ドルに達した。これは中国の17.8倍だ。米国の1人当たりの国防支出は中国の77倍だ。米国に一体何の資格があって、中国の防衛型の国防政策・措置をとやかく批評し、むやみに論評するのか?同時に指摘しておくべき点として、中国と他国の正常な軍事交流・強力の実施は第三国を標的にしておらず、完全に正当なものだ。米国が立ち入って邪魔し、妨害するのは完全に間違っている。
台湾は中国領土の分割できない一部分だ。米国は実際の行動によって約束を履行し、「一つの中国」政策を堅持し、3件の中米共同コミュニケを順守し、「台湾独立」に反対し、台湾への武器売却と台湾との軍事連係を停止することによって、台湾海峡の平和安定と中米両国の共同利益を守るべきだ。白黒を逆にし、是非を混同し、台湾への武器売却を継続するために口実を設け、「台湾独立」分裂勢力に誤ったシグナルを送るべきではない。
米国は近年の中米関係の進展を大切にし、中米関係の健全で安定した発展にプラスとなる事を多く行うべきだ。両国関係に面倒を起こしてはならない。(編集NA)
楊潔シ副部長の「チ」は「遞」の「しんにょう」を除き「竹かんむり」を乗せた字
「人民網日本語版」2005年7月21日


2005年 民主主義国家は真相を見誤るな

 ●同時多発テロ事件−人目を欺く煙幕弾
01年9月11日の米国、04年3月11日のスペイン、そして今月7日のロンドン同時多発爆弾事件…これらの爆破テロ事件の真相をどのように読み解いたらいいのか?
西側諸国は911以来、反テロを唱え、米国や欧州が中近東のテロ組織に注目しているとき、中国のことは眼中から消えるようだ。世界中のテロ組織の背後を追及すると、一つの源に遡ることができるようだ。テロに警戒する都市を狙う計画や、その装備はテロリスト実行犯独自のものというより第三者の提供と考えるのが自然であろう。中国と中近東諸国との係わりを詳しく調べていけば、中共はそれらのテロ組織に間接的にエネルギーを注入しており、資金という基盤を支えているようだ。規範のない中共の行動本質は、何をしでかすのか分からない、最も恐ろしい毒牙である。
最近、ロンドン多発テロ事件の記憶が生々しい最中、中国軍部高官・朱成虎少将が衝撃な核攻撃発言を行った。世界中の民主国家が、同時多発テロという煙幕弾の背後にある事実に目を向けるべきだ。中共こそ最も不安定な恐怖の要素であり、世界最大のテロ組織と言えるからだ。
前北京大学新聞学院・焦国標教授は、ウサマ・ビン・ラディンのテロリズムは地下組織のテロ主義化であるとし、朱少将の発言は巨大国家のテロ主義化であるとした。焦教授は、朱少将の発言は北京政府の崩壊直前の絶望と殺意の現れと指摘し、「文明社会が連携し対処すべきである」と警告した。
中共はここ数年、軍事面と経済面において力をつけているが、米国や欧州を相手にした外交の本当の意図は何か。今回の朱少将の発言をきっかけに、西側諸国と中共の関係はどうのようになるのかをもう一度考えるべきである。

 ●朱成虎少将の発言―豚から虎への中共
20世紀80年代末、共産主義の東欧と旧ソ連での崩壊とともに冷戦時代が西側諸国で終焉を迎えた。民主国家がやっと肩の重荷を下ろせたのである。しかし、中国共産党による変異した共産体制の下に、共産党文化の悪影響が依然として西洋社会に浸透し続けている。それに憂慮する西洋の民主国家が民主主義の理念を世界に広げようと、中国に対しては経済手段で民主主義社会への平和な移行を期待した。
ところが、事実から見ると、その道は袋小路であることが分かる。最近、欧州議会の主席が中国訪問中、中国に対して武器解禁すべきではないと明確に表明した。主な理由として、89年以後、中国の人権状況は少しも改善されていないことをあげている。一方で、西側世界は、89年以来の十数年間を中共にもっとも深い影響を与えている時期だと信じているようだ。実は、中共へ影響を与えようとするつもりであった西洋世界は、主客転倒、完全に中共に影響されてしまったのである。中共への経済援助は、逆に、中共に西側諸国を買収するのに使用されている。西側民主国家が期待していた中国の民主化は徹底に失敗し、自らが目先の経済利益にとらわれ、中国で砂金を得ようと本来の目的を忘れ、堕落してしまったようだ。また、政治、軍事など他の面からも中国に影響を与える試みも全て失敗に終わっている。米国防総省の年次報告書は、予定を四ヶ月も遅れ、19日にやっと公表された。北朝鮮の核問題をめぐる六カ国協議を踏まえて、公表のタイミングをねらっていたものだが、遅すぎた感がある。中国の05年の国防予算が実際にはその2倍から3倍と指摘されていたが、ペンタゴンはその「脅威」を昨年から気がついていたはずだ。外交政治の思惑が中共に生き延びる猶予を与えてしまった。
豚を養っていると思っていたのが、獰猛な虎に変身し、飼い主に危険をもたらしている。朱(中国語で豚と同音)成虎少佐の名前は、中国を民主化しようとした西側民主国家の十数年にわたる失敗を象徴している。

 ●民主主義国家の行く末は?
朱少将の核攻撃を辞さない発言に驚いた国際社会は、朱少将の国防大学でのスピーチ(7月6日)に目が点になるに違いない。
「核兵器の出現は、人類進化の結果である。」「我々の中国は核競争に先行し、それにより他国の人口を減らすと同時に、自国の人口を保ち、将来全世界で大きな割合を占めるはずだ。将来、人類の進化進展に重要な位置を占拠するように努力すべきで、核戦争を経て、我々は百年あまりの重荷を下ろし、全世界を手に入れることができる」。
では、豚を育てたつもりが、虎を養ってしまった西側世界の行く末はどうなるのか?
中国が自由民主への転化を促進させると期待した世界の民主国家は、結局のところ中共に影響を与えることはできなかった。外側からの刺激は中国の中に浸透しなかったのである。経済政策や政治体制という表層の問題ではなく、根本的原因は、中国の民衆が中共への幻想を依然として抱いており、中共を見捨てでいないことである。内部要素が変わらない限り、外部からの刺激は働かない。「九評共産党」の出版は脱党ブーム引き金となり、中国民衆が初めて自己覚醒したが、これこそ内部要素の変化である。これまで経済、政治、軍事などの側面から中共に影響を与える努力は全て無駄に終わったが、中国民衆が自ら中共の本質を認識し、中共と訣別するという、この突然現れた形式は、実際、中共の問題解決の最上のきっかけとなっているのだ。世界がずっと待ち続けたこのチャンスは、時宜にかなえば、一発の弾丸も要らず、平和的に解決できるのだ。
オーストラリアで亡命した中国外交官が暴露したように、民主諸国はこの20年あまり、中共の利益買収によって、自由民主の理念が失われ、宥和主義が優位に立っている。 西側世界の建国の根本となる民主と自由理念が、中共の経済利益の誘惑で日々薄められてきた。世界規模で「九評共産党」と脱党ブーム精神運動を応援し拡大していくことは、自由と民主精神の復興のチャンスであり、ここにこそ民主国家の有益な長期的展望があるはずだ。
(05/07/21 15:24)  文・月川真理 【大紀元日本7月21日】


ブッシュ政権はチャンバレンの宥和姿勢に似てきた?
中国の軍事力大躍進は「目の前の脅威ではない」のか

ナチスの台頭を軽視し、ヒトラーとの宥和政策を採ったチャンバレンは、結果的にドイツの軍拡を黙認し、戦争を誘発したことになる。
発表を四ヶ月遅延させた。
05年7月19日になって、米国防総省は「中国の軍事動向に関する年次報告書」を作成、ようやく米議会に提出した。
概要は台湾への軍事侵攻能力の増大ぶり、ミサイルが730基、新型戦闘機が700機実戦配備され、さらに新型の潜水艦、駆逐艦、巡洋艦の増強ぶりが強調された。
「しかし台湾への軍事装備にしても、国防総省のニュアンスは北京の政治目的を完全に達成するまでの軍事能力を完成させたとは考えられないし、米国領土への通常兵器での脅威はないと思われる」(NYタイムズ、7月20日付け)。

そういう奥歯にもののはさまったような表現がペンタゴン報告の表現である。「中国こそはヒトラーをモデルにして、それを越える史上最悪のファシスト政権」(ビル・ガーツ)という米国保守派の声は活かされていない。
毎年二桁成長の国防費に関して、中国政府が公表した300億ドル(約3兆3600億円)ではなく、実際には三倍の900億ドルあると明確な懸念を示した点には注目していいだろうが、これとて前々から専門家のあいだでは常識とされてきた事柄である。
ペンタゴン報告書は急激な高度成長を走る中国の台頭を警戒する米国世論を反映しながらも「中国を刺激するな」とする国務省との水面下の駆け引きがあったのだ。
このため「表現が相当程度に穏やか、事実を淡々と叙し、扇動的レトリックを避け、とくに「米国の敵」であるとの明示を避けている」(ワシントンポスト、7月20日付け)。
当初は、中国の軍拡がこのまま続けば明瞭に中国が米国の「戦略的なライバル」になる、と表現する予定だった。しかし六者協議再開とライス国務長官の訪中を前にしたホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)と国務省が頑強に抵抗し、ドラフト(草案)は、ポトマック湖畔を挟んで、ペンタゴンと国務省の間を何回も往復した。
一方、対中感情が悪化している米議会には国防総省のオリジナルな基調を熱烈に支持する勢力があり、代表選手の下院軍事委員長、ハンター議員(共和党)らが報告書の早期提出を要求していた。
台湾と日本への脅威に関する記述では、両国に照準を合わせた短距離弾道ミサイルが04年報告の500基から730基にも増強されている事実を指摘したうえ、そのミサイル命中精度向上が顕著としている。
蛇足ながら、この重大ニュースを意図的に小さく報道した日本の新聞が多い。中国の軍事的脅威を伝えたくない思惑が見え隠れする紙面作りだった。
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」
平成17年(2005年)7月21日(木曜日)貳 通巻1191号



中国は今日、人民元をちょっぴり切り上げました。中国の朱成虎少将の核攻撃発言やアメリカ国防総省のレポートなどで米中間がギクシャクする中、絶妙なタイミングでの発表です。はじめから米中間の摩擦が強まったときのアメとしてカードを温存して、最も効果的な使い方をしてくるあたり敵ながら巧妙ですね。

中国は資源エネルギー外交などを通じて世界に影響力を強めつつあります。また巨大な消費市場、生産工場としての優秀さという経済的な魅力を餌に、民主主義諸国でもある先進国から巧みに資本を吸引し、国力を着実に増強させています。軍事的な脅威や強圧的な外交姿勢、中国国内の人権抑圧、環境破壊など中国の暗部を十分に承知しつつも、なお経済的な利得を捨てがたく中国に資本を投入し続け、明らかな敵性国家である中国が肥え太ることに力を貸しているのは、救いがたく自滅行為のように思えてなりません。日本は明確な国家戦略をもって中国に対応しないと、戦わずして負けてしまうような気がします。

まったく、集団的自衛権がどうのこうのなんて言っている場合ではないですよ(汗)いいかげん左翼のおばかさんたちも、おままごとは止めて真剣に日本の国益を考えたらどうですか。それとも中国様に日本を占領してもらいたいのでしょうか。そんなに中国が好きならあなたたちだけで勝手に中国に移住してください。誰も止めはしませんから。お願いですから日本全体を巻き込まないでください。

日本はアメリカとの相互依存関係をより強固なものとして、アメリカの政権が変わってもアジアからのアメリカ軍撤退、という最悪の事態にならないようにするのが国家戦略として大前提だと思います。

皮肉なことですが平和な時ほど平和の価値は極めて軽いものとなります。平和であるときはそれが当然と思い、迫りつつある脅威や危険を極めて軽視してしまいます。豊かな社会であればあるほど人々はその豊かさを犠牲にすることを厭い、危険や脅威に対する対策を怠りがちです。繁栄の絶頂から奈落の底に落ちた歴史の前例のなんと多いことか。有名なものだけでも古代ローマ、サマルカンド、バグダッド、コンスタンチノープル、南宋、オランダ。平和とは失って初めてその大切さに気付くもの。日本の経済界が中国から手を引いて多少不景気になったとしても、国防のためにその選択肢のほうが有効ならばそうすべきです。

また民主主義諸国と足並みを揃えて対中戦略をとるべきと思います。フランス、ドイツなどは中国に武器輸出をしたがっていますが、とんでもないことです。日本は中国の陰謀と脅威を民主主義国に周知徹底させる必要があります。日本が朝鮮と共に中国に取り込まれれば、世界史上最大の大凶国が現実のものとなることを、そうなれば全世界が脅威に晒されるということを、未来は人事ではなくなるということを、平和を愛する民主国家として全世界に知らせる義務があります。
コメント
コメント投稿フォーム:
: [必須]
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバック
トラックバック一覧:
こんにちわ、super_xです。 大東亜って、なるほど… いや〜、大変よく勉強されているようですね。 なんか、おかしいようですけど… どうせ、どっかの日本の左巻き学者の受け売りなんだろうけどね。 .. [続きを読む]
from SUPER-X.COM (2005-07-22 06:53)
外圧を受ける格好で8月に5%切り上げるより、自ら言い出して7月に2%・・・・これが中国流の面子の保ち方なのかどうかは判りませんが、中央銀行の声明見ると、人民元の「完全フロート制への移行は今後もやりたく.. [続きを読む]
from 私の「認識台湾」 (2005-07-22 10:22)
日本の投資や投機に関わる税制を全て廃止して、日本を無税地帯にしてしまえばいい。そうなれば、世界中から日本にお金が殺到する。日本に誰も手出し出来なくなるね。アメリカだって、中枢部の防衛のために、カリブ海.. [続きを読む]
from Chaotic Neutral (2005-07-22 11:23)
わが国のアジアの権益拡大にアメリカは同思っているのだろうか。 日本という国が、独自の力でアジアの経済機構や海洋権益を求めたときに、アメリカは反発するだろう。 現に、アメリカクリントン民主党の要職似合っ.. [続きを読む]
from 手前ら、日本人をなめんじゃあねぇ (2005-10-10 17:40)
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります
Copyright (C) 曇りのち晴れ. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。