曇りのち晴れTOP ≫  世界 ≫  国連改革と現実世界
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります

国連改革と現実世界

常任理事国入りへ決意表明 首相、国連首脳会合で演説
小泉純一郎首相は15日午後(日本時間16日朝)、ニューヨークで開かれている国連総会特別首脳会合で演説し、安全保障理事会常任理事国入りの決意をあらためて表明した。ただ、日本、ドイツなど4カ国(G4)による安保理拡大決議案が廃案に追い込まれたことを踏まえ、当初は今年9月の合意を目指していた安保理改革の目標期限を先延ばしし、「(来年9月までの)今次総会の会期中に決定」することを求めた。
「言葉から行動へ」と題し、英語で行った演説で首相は「安保理を改革することは、長らく死文化している『旧敵国条項』を国連憲章から削除することと同様に、国際社会の大義」と指摘。その上で「わが国は改革された安保理で常任理事国としてより大きな役割を果たす用意がある」と強調した。
国連創設60周年にあたることから、首相は「過去60年間にわたって日本は世界の平和と繁栄のため重要な貢献をしてきた」とアピールしたが、昨年の演説では触れた自衛隊によるイラクでの復興支援活動には言及しなかった。
また首相は将来の国連のあるべき姿として(1)貧困と闘っている人々に手を差し伸べる「優しさのある国連」(2)テロとの闘いで積極的役割を果たす「強い国連」(3)現在の世界の願いや規範を反映した「効果的な国連」―の3要素が必要との考えを打ち出した。テロ対策では、包括テロ防止条約をめぐる交渉の早期妥結を呼び掛けた。(共同)

小泉純一郎首相が国連総会特別首脳会合で行った演説要旨は次の通り。
ハリケーン「カトリーナ」で最愛の人を失った方々に深い哀悼の意を表する。この惨状から立ち直ろうと闘っている人々への私たちの支援はいささかも揺るがない。
私たちには、極端な貧困と闘っている人々、自助に努める人々に手を差し伸べる優しさのある国連、平和の構築に道筋をつけ、テロとの闘いに積極的な役割を果たす強い国連、私たちの願いや規範を反映した効果的な国連が必要だ。
優しさのある国連になるためには、ミレニアム開発目標達成に向けた努力を強化することが必要。新たな強い国連は平和構築委員会を設置し、停戦から国造り、和解、正義、復興に至るまでの円滑な移行を確実にするため、指導力を発揮しなければならない。わが国はこの試みに役割を果たす準備がある。テロとの闘いでは、国連が規範を積極的に設定していく役割を担うことが必要だ。包括テロ防止条約交渉の早期妥結を呼び掛ける。
世界は過去60年間、劇的な変化を遂げた。植民地主義のくびきの下にあったアジア、アフリカはグローバルな世界で重要なプレーヤーになった。日本は平和を愛する国家としての発展を強い決意で推進し、世界の平和と繁栄のため独自の、重要な貢献をしてきた。
安全保障理事会の構成は、このような根本的変化を反映していかなくてはならない。安保理を改革することは、長らく死文化している「旧敵国条項」を国連憲章から削除することと同様に、国際社会の大義であると確信している。わが国は改革された安保理で、常任理事国としてより大きな役割を果たす用意がある。私たちは今次総会の会期中に、安保理改革の早期の決定を追求すべきだ。
事務局を含め刷新された国連システムは、加盟国とその国民の信頼と支持を得る必要がある。新しい効果的な国連は、厳格な精査に自らを開くべきだ。
改革とは常に挑戦だ。既存秩序に真っ向から立ち向かうからだ。今次総会を行動の会期、国連の包括的な刷新を達成するための行動の会期にすることを目指して、一致団結して努力していこう。(共同)
(09/16 09:57) 産経新聞


国連首脳会合成果「玉虫色」 調整力の限界露呈 利害対立で改革後退
【ニューヨーク16日西村卓也】創設六十周年を記念した国連特別首脳会合は十六日、「国連史上最大規模」の会議となったにもかかわらず、多くの加盟国が成果に不満を残しながら閉幕した。各国の利害対立で成果文書が玉虫色の内容に終わったためだ。国連再生を目指した首脳会合は、逆に調整力の限界と国連の危機を浮き彫りにする結果となった。
最終日の演説でカナダのマーティン首相は、新設の「人権理事会」について「求められた内容で合意できなかったことに深い失望を禁じ得ない」と訴えた。成果文書の初期の草案で人権理事会は「三十−五十カ国で構成」「任期は三年」など具体的内容が盛り込まれていた。しかし、途上国などが反発。最終的には「第六十回総会の期間中に結論を出す」となり、論争再燃は必至だ。
先進国の政府開発援助(ODA)を国民総生産比0・7%にする目標は、項目としては盛り込まれたものの「目標を立てた結果として、活用できる資金が増えていることを歓迎する」との表現で義務を課す内容にはなっていない。
途上国には「混乱のきっかけは米国が作った」(アフリカの国連ジャーナリスト)との思いが強い。ボルトン米国連大使が八月下旬になって七百項目もの修正案を提出したことで各国のエゴが噴出したとの見方だ。ベネズエラのチャベス大統領は「安保理常任理事国から拒否権をはく奪せよ」とこぶしを振り上げた。
しかし、米国が一切の妥協を拒否したわけではない。国連事務局のティム・ウォール開発問題担当官は「ブッシュ大統領がミレニアム開発目標を支持したことは驚くべきことだ」として、一定の評価を下している。
オーストラリアのハワード首相は「国連が世界の問題すべてを解決できるわけではないし、またそうすべきではない」との見解を表明した。イラク戦争の「有志連合」のような、国連とは別の枠組みも場合によっては認めるべきだとの主張だ。
改革構想が大きく後退し、アナン事務総長は最終日、テレビのインタビューで「国連が世界政府だと思わないでほしい。そういう印象を与えてしまうと、批判勢力が勢いづく」と、自信を失った様子を隠せなかった。
2005/09/18 08:28 北海道新聞


国連改革へ成果文書 人権対策盛り込み採択 首脳会合が閉幕  
【ニューヨーク16日西村卓也】国連特別首脳会合は十六日、国連改革の方向性を盛り込んだ「二○○五年世界サミットの成果」を採択し、閉幕した。成果文書は途上国開発、人権対策などで具体策を盛り込んだが、加盟国の利害対立により、目標よりも後退した内容。日本が目指した安全保障理事会の拡大は、具体策が盛り込まれず、今後に課題を残した。
成果文書は、貧困対策として二○一○年まで毎年五百億ドルの追加措置、平和構築委員会の新設、人権理事会の創設などが盛り込まれた。テロ対策では「あらゆる形態のテロを非難する」と明言。安保理拡大では「より広い代表を」と言及したが、理事国拡大の具体的方策は明示されなかった。当初案にあった軍縮・不拡散は関係国の対立により、全文削除された。
三日間の討論で各国首脳は、国連の重要性を再確認する一方で、不祥事が続き威信低下が著しい国連の組織改革を促した。また、対テロ機能拡大を優先する米国と、大国の影響力拡大を警戒する途上国の対立も浮き彫りとなった。
2005/09/17 14:09 北海道新聞


中ロ首脳、米の単独行動主義をそろってけん制・国連演説
【ニューヨーク=桃井裕理】中国の胡錦濤国家主席とロシアのプーチン大統領は15日、ニューヨークで開いている国連総会特別首脳会合で演説した。胡主席は「各国が選択した社会制度や発展の方向性は尊重されなければならない」と強調。プーチン大統領は「国連が対テロ戦の中心であるべきだ」と訴え、名指しは避けたが、そろって米国の単独行動主義をけん制した。
胡主席は「文明の多様性は人類社会の基本的特性」としたうえで、「文明の多様性を守り、国際関係の民主化を促進しなければならない」と強調した。プーチン大統領は「国際社会が協力してテロ対策を強化すべきだ」と主張するとともに、「国際機関は皆のものである」と述べ、国連でも強い発言権を行使しようとする米国の姿勢への批判をにじませた。
米の単独主義に対抗し、多国間主義を主張する中国はロシアと急速に接近し、米への対抗軸を打ち出しつつある。両首脳は5月と7月に胡主席がロシアを訪問した際に首脳会談を開いたのに続き、14日にも会談し、蜜月ぶりを見せつけた。 (12:45)
2005年9月16日 日本経済新聞


国連総会特別首脳会合、安保理拡大で討議続行
【ニューヨーク=鈴木哲也、秋田浩之】約170カ国の首脳が国連改革などを議論している国連総会特別首脳会合は2日目の15日、最大の争点である安全保障理事会の拡大問題を中心に討議を続けた。ベネズエラなどは独自の反米論を展開。論戦の構図は安保理改革を巡る賛否対立に一部の国の反米感情が絡み、多極化、拡散の様相を呈してきた。首脳会合の会期は残り1日となったが、議論集約にメドは立っていない。
安保理拡大推進派では、廃案となった決議案の共同提出国である日独など4カ国(G4)のうちインド、ブラジルが強硬な論陣を張った。シン印首相は、第2次世界大戦戦勝国が常任理事国枠を独占する現状について「終戦当時の1945年の世界を反映したものだ」と主張。ルラ・ブラジル大統領も「安保理改革なくして国連改革はあり得ない」と訴えた。 (07:00)
2005年9月17日 日本経済新聞


イラン大統領「単独主義は国連の否定」・米国を非難
【ニューヨーク=横田一成】イランのアハマディネジャド大統領は14日、国連総会特別首脳会合で演説し「単独主義を進めることは国連の否定だ」と述べ、名指しをさけながらも米国を強く非難した。同大統領は演説で、イランに圧力をかける米国への批判のトーンを強めた。
8月初めに就任したアハマディネジャド大統領にとって国連総会は事実上の外交デビューの場となる。同大統領は「単独主義、大量破壊兵器の製造・使用、脅迫、脅威に対する武力の使用、一部の権力と繁栄を守るための戦争などで国連の役割が倍増している」と述べ、間接的に米国の行動を批判した。
演説前には核開発疑惑に対する打開策を示すとの観測も浮上したが、核問題には触れずじまいだった。イランの核開発については国際原子力機関(IAEA)が19日から開く理事会で国連安保理への付託問題を協議する予定。英仏独の欧州3カ国とイランの協議も暗礁に乗り上げている。 (12:00)
2005年9月15日 日本経済新聞


チャベス大統領、米批判を展開 国連本部の移動を主張
国連本部(ロイター) ベネズエラのチャベス大統領は15日、ニューヨークで開かれている国連総会特別首脳会合での演説で、イラク戦争などをめぐる対米批判を展開した。大統領はまた、国連本部をニューヨークから別の場所へ移動すべきだと主張した。
チャベス大統領は「イラクには大量破壊兵器など存在しなかったことが分かっているが、米国は国連を無視してイラクを攻撃、占領した」として、ブッシュ政権の先制攻撃論を批判。「米国はテロをあおっている」「国内でもハリケーン被害への対応に失敗した」などと、手厳しい発言を続けた。
大統領はまた、国連の機構について「もはや時代遅れ」との見方を示し、「単なる改革でなく、抜本的な変化が必要だ」と主張。安全保障理事会の拡大や拒否権の廃止を強く訴えた。
さらに、米キリスト教保守派指導者パット・ロバートソン師が先月、テレビ番組で「チャベス大統領を暗殺すべきだ」と発言したことにあらためて不快感を示し、「これは国際犯罪であり、テロだ」と非難した。ロバートソン師は後日、この発言について謝罪を表明している。
チャベス大統領は99年の就任後、キューバとの関係を深める一方、ブッシュ大統領を「悪の帝王」と批判するなど、反米姿勢を鮮明にしている。
2005.09.16 15:43 - REUTERS


日本の常任理入り支持 米長官、国連総会演説  
【ニューヨーク17日共同】国連加盟国の首脳や閣僚らが出席し、国際関係全般や国連の在り方などについて話し合う国連総会一般演説が17日午前(日本時間同日深夜)始まった。ライス米国務長官は安全保障理事会拡大と日本の常任理事国入りへの支持を公式に表明。イランの核問題に「安保理が関与すべきだ」と述べ、安保理付託が必要との考えを強調した。
アナン国連事務総長も、安保理改革について「特定の集団のためではなく、国連という組織のために解決策を探る努力が必要」と指摘。イランや北朝鮮を念頭に「世界は核の拡散とテロの危険に直面している」と訴えた。
ライス長官は、国連が創設された60年前と今とでは国際環境が激変したとして、「国連は現在の課題に立ち向かわなければならない」と、国連改革の必要性を繰り返した。
2005/09/18 01:23 北海道新聞


発展途上国囲い込み、米中首脳が競う
世界約170カ国の首脳が集まった国連総会特別首脳会合を舞台に、米国と中国が発展途上国の囲い込みにしのぎを削っている。ブッシュ米大統領は「最貧国の貧困克服に向けた鍵」として各種貿易障壁の撤廃を提案。胡錦濤・中国国家主席はアフリカ支援や国連における発展途上国の権利拡大を訴え、互いに途上国の味方としての立場を売り込んだ。
ブッシュ大統領は14日の演説で「米国は他国が同じ措置を実施した場合、すべての関税、補助金、その他の障壁を撤廃する」と表明。貿易障壁の撤廃を目指す方針を強調し、対米輸出の拡大を望む途上国や貧困国にアピールした。 (07:02)
2005年9月16日 日本経済新聞




ふ〜記事を集めただけで結構疲れてしまいました(笑) どうやら中国とロシアを軸として反米気運が盛り上がりつつありますね。ブッシュもハリケーン禍と厭戦機運で支持率は低迷しています。このことは当然、弱り目に祟り目というか、今なら少々強気に出ても手出しができないという事で、反米国家が連携して調子づいているといった所でしょうか。

もちろんこういった図式は大詰めを迎えつつある6カ国協議にも影響を与えるでしょう。北朝鮮がにわかに強気になってきたのも、ブッシュ政権の強くでられない事を読み切ってのものでしょうね。安易な妥協で妥結してしまうといういやな予感がしますが、杞憂であって欲しいものです。

国連は利害の相反する大国の拒否権発動で、現状は機能停止状態になってしまっています。これは北朝鮮の例に象徴的に現れています。あれだけ問題国と衆目一致するような国家であっても、国連は何一つできませんでしたし、これからもできないでしょう。北朝鮮問題はアメリカか中国次第という事を日本人は察しています。

アメリカの単独主義は非難の的ですが、国連という(5大国の拒否権というブレーキの効きすぎる)民主的プロセスを経ていては、大国の利害が錯綜する案件は何時まで経っても解決できない事は明らかです。民主的な話し合いというのは聞こえはよいのですが、お互いが頑として言い分を譲らないような場合には、何事も進まないという厄介な性質もあります。国際政治の場でも国内政治の場でも人間がする事である以上、これは変わりません。物事を前向きに解決する時には、強い意志による強行突破が必要なのです。民主的でないからとこの強硬手段を非難する事は誰にでもできます。でも表面的なプロセスとしての民主的な合意を絶対視するのは、明らかに間違っています。

国連の場においても強大国でも弱小国でも一票は一票です。発言権は5大国以外は皆同じようなものです。5大国の特権を仮に無くしてしまえば、確かに国連は民主的にはなるでしょう。でも豊かな国は少数ですから、大多数の豊かでない国が共謀して、豊かな国から豊かでない国への富の移譲などを盛り込んだ勝手な案を次々に成立させるような事態になる事は目に見えています。やはり何でもそうですが、義務と権利は対価であるべきなのです。そういった意味では中国はもう少し頑張って、国連負担金という名の義務を果たすべきですね。20%近くを負担している日本の常任入りに強硬に反対するなら尚の事。

アジアやアフリカ諸国も大国の媚売り合戦をいいように利用しているような側面もあります。アフリカからの常任理事国入り要望などはそれの最たるものでしょうし。いろいろな意味で国連自体の存在意義が問い直されている事は確かなようです。日本でいえばウトロの人権査察の件、そして最近の国連官僚組織の腐敗ぶりからも、国連のうさんくささはもはや明らかすぎるほど明かですしね。

個人的には国連は発展的解消をして、自由や民主主義や人権を掲げる国家連合に向かって欲しいものです。もちろん、それらを尊重できていない国家は準加盟国扱いとして発言権を弱めます。5大国になった経緯からも、現状で負っている負担の軽微さからも、中共なんかが常任理事国としてのさばっている国連に未来はありません。


コメント
投稿者:春日野(2005年09月19日 08:33)
お早うございます。■夜の談話室■の春日野でございます。毎日参考にさせていただいております。

さて本日は、<敬老の日> ですがこんないい話がありましたので、心もきっと曇りのち晴れになれますことをお祈りします。

敬老の日、あったかニュース

▼週間ニュース 2005年09月15日の記事

園児が敬老の手紙を投函

さて今月19日は敬老の日ですが、敬老の日を前に大津市の保育園にはきょう、臨時の郵便ポストが設置され、園児らがおじいさん・おばあさんらに宛てた手紙を投函しました。

手紙を差し出したのは大津市の南郷保育園の園児130人で、きょう午前、保育園に郵便局のイメージキャラクター「ポストンくん」が訪れ、臨時の郵便ポストが設置されました。

きょうは、大津中央郵便局の職員が郵便の仕組みについて説明をしたあと、園児たちがおじいさん・、おばあさんに宛てて書いた手紙やハガキをポストに投函しました。

園児らの感謝の気持をしたためた手紙は、今月19日の敬老の日に届けられるということです。大津中央郵便局では「こうした催しを通じて子供たちに郵便制度に関心を持ってもらえれば」と話していました。 びわ湖放送 - 2005年9月15


子供の純粋な心に、大人の郵便やさんが介入便乗と理解出来なくもないが、それにしても老害が叫ばれる現今、ピカッと光り、心温めるいい話。
コメント投稿フォーム:
: [必須]
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバック
トラックバック一覧:
特別首脳会合は、国連の全加盟国、191の大半に当たるおよそ170か国の首脳や閣僚が出席して、創設60年を迎えた国連の改革について話し合うもので、日本からは町村外務大臣が出席しているほか、小泉総理大臣も.. [続きを読む]
from ■夜の談話室■ (2005-09-19 09:05)
ある米テレビ伝導師による暗殺の呼びかけや、護衛と医療チームに対するビザの発給妨害などにも関わらず、ウゴ・チャベス・ベネズエラ大統領はニューヨークにおける国連総会に出向き、演説をした。チャベスが演説を終.. [続きを読む]
from Emerging Revolution in the South (2005-09-21 00:54)
世界のいろんな問題中で どの問題に力を入れたの方が 一番効率良く 一番多くの人のためになるか を考えた。 その質問を答える為に 去年Copenhagenで世界のいろんな学者.. [続きを読む]
from 色・色 (2005-09-24 10:21)
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります
Copyright (C) 曇りのち晴れ. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。