曇りのち晴れTOP ≫  雑感 ≫  「新聞がなくなる日」雑感。
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります

「新聞がなくなる日」雑感。

面白そうなので、

新聞がなくなる日  歌川令三 草思社

という本を読んでみました。いろいろ感想を述べてみたいと思います。
まずは印象に残った部分を抜き出してみます。


タイムスリップ グーテンベルクに始まった「紙」のマスコミ
ルターの宗教改革はメディアの「すげ替え」である
『近未来の新聞像研究会報告書 デジタル情報時代 新聞の挑戦ジャーナリズムは生き残れるか』と題する研究論文を日本新聞協会が発表したことは、この章の冒頭で紹介した。表題にある「ジャーナリズムは生き残れるか」は、もっと端的にいうなら「紙の新聞は生き残れるか」という意味だ。
ジャーナリズムの語源は「日刊」を意味するラテン語「diuruna(日、昼)」だ。時事的な情報や意見を、マスメディアを通じて大衆に伝える活動をいう。新聞こそその王者であると自負してきた新聞人にとっては、新聞とジャーナリズムはほとんど同義語だ。
話は何百年か昔にさかのぼる。「マスメディアとは新聞である」の時代をもたらしたのは、技術革新であった。一五世紀中頃、ドイツのマインツの金細工職人、ヨハネス・グーテンベルクの、活字による印刷技術の発明だ。それが、一七世紀の近代新聞成立の決定的条件を作った。
グーテンベルク以前の文字による情報伝達手段は、手書きの書簡か、手間のかかる木版だった。本は原本も写本もすべて手書きだ。中世の地中海都市には、手書きの書面新聞(News-Letter)があった。為政者の意思を大衆に伝えるために王に雇われた吟遊詩人もいた。カトリック教会では、聖書を読めない文盲の大衆に、神父が[神の教えは、かくの如し」と説教していた。
印刷物が出回る以前の情報は、すべてアナログであったことはいうまでもない。総務省「情報流通センサス」の情報分類法(42ぺージ)を、あえてこの時代にあてはめれば、第三グループの「空間系」が情報の主流だった。集会、会議、学校の講義、演劇、教会の伝道、そして社会や家庭の対話が情報流通の場であり、情報の表現法は、人間の声や音楽、あるいは人間のしぐさだった。
空間系の次に位置するのが、第二グループの「輸送系」だ。輸送系情報の容れ物は、羊皮紙、木片、石、後に紙が登場した。文字や、絵で表現されていた情報はすべて手書きだった。印刷という量産手段がなかったので、輸送系は、空間系の補助的な情報伝達手段に過ぎなかった。
何がこの時代の主たる情報の媒介者だったか。それは生身の人間だった。王の命令を鎖民に伝えるために雇われた吟遊詩人とか、神の教えを伝道する神父も情報の媒体、すなわちメディアだった。一六世紀のマルティン・ルターの宗教改革、あれは何であったか? メディア史の観点から見れば、「宗教改革とはメディアの首のすげ替えである」との答えが引き出される。
当時の聖書はすべて筆写で、いまの金に換算すれば何百万円もする稀書だった。それもラテン語かギリシヤ語で言かれており、ドイツ語訳はなかった。言葉のわからないゲルマン人大衆は、聖書の内容をカトリックの坊さんから伝えられ、もっぱらそれを神の教えと受け止め、信仰していた。
神と人間をつなぐメディアである坊さんが、聖書に書いていないデタラメを言ったらどうなるか、坊さんたちは、教会の建設資金を集めるため、免罪符という大国行きのニセ切符を販売した。教会が神のすべてに関する情報を独占していたので、無知な大衆には、メディアの指示通り免罪符を買うしか選択肢がなかった。
中世カトリック教会のこのような行動を、今風に表現すれば「メディアの横暴とその弊害」ということになろうか。ドイツの大学の神学部教授たったマルティン・ルターはこれに強く反発した。「聖書こそ、神の教えを伝える唯一のよりどころである」が教会批判の根拠だった。神と人間をつなぐメディアは「教会」ではなく「聖書」であるという主張である。
そのために聖書のドイツ語所に取り組み、「坊主」から「聖書」へと、キリスト教における支配的メディアの改易に成功した。
ルターの宗教改革をメディア論的に語ると、以上のようになる。もし、あのとき、グーテンベルクの活版印刷術がなかったらどうなったか。ルターの労作である聖書のドイツ語訳は大衆には行き渡らず、メディアの改革は成功しなかっただろう。技術が変われば、メディアが変わる。宗教改革がまさにそれを実証した。


新聞を脅かすニューメディア社会の風圧
デジタル情報社会では「紙」新聞だけがニュースや情報の運搬手段ではないことは誰もがわかっている。しかし、そのような認識を経営戦略にどの程度織り込むかは、日米韓の三カ国の新聞界でかなり異なっている。前節では、その濃淡の差を、新聞経営モデルの違いに求めた。
だがそれだけでは、日本と米韓の新聞社のニューメディアヘの際立った姿勢の違いを説明しきれない。日本と米韓の温度差はかなり大きい。それを解明するもう一つの視点は、新聞を取り巻く社会的状況の違いである。
この本の第三章、第四章を読み返していただきたい。米韓両国ではマスコミ、とりわけ新聞に対する社会の風当たりからわめて強い。韓国ではインターネットによる「オンライン」媒体が「紙」新聞相手にメディア革命を起こした。「新聞はごく少数のプロの作った意見を一方的に大衆に流す旧メディアだ。デジタル情報社会が双方向メディアであるインターネットをもたらした。いまや市民一人一人が記者になって報道や論評活動に乗り出し、マスコミの特権を打破しよう」(オーマィ・ニュース社)と大新聞に挑戦代をただきつけた。
これを契機に「紙」と「電子」は単なるメディアの形態の連いにとどまらず、思想や文化対立の象徴となった。それが二〇〇二年の大統領選挙のフィーバーのなかで増幅され、「紙」は「老壮年」と「保守派」、「電子」は「若者・盛年連合」と「左翼」であるとの特別の意味合いをもつにいたった。
驚いたのは、市民型「オンライン」メディアに先駆けて九〇年代半ばから「電子新聞」を手がけてきた韓国の三大新聞だった。インターネットの双方向性の機能を充実させ、巻き返しに出た。すでにかなりの部数減に見舞われている韓国の大新聞は、「紙」を唯一のよりどころとする経営モデルを破棄している。経営の主要な柱の一つに「電子」メディアを位置づけている。この決定の背後には社会運動としての市民型「電子」メディアからの強烈な刺激があったことを見逃すわけにはいかない。
韓国の「電子」メディアの社会的影響力は、日本とは比較にならないほど大きい。それは日本人と韓国人の国民性の違いにも由来している。韓国人は議論好きである。日本では閲読率の低い社説を熱心に読む人が多い。自己主張しない人は軽く見られる。こうした主張型の国民性が、新聞などの一方的発信のメディア特性をもつマスコミに飽き足らなくなったのだろう。
米国のインターネット・メディアは「第五の権力」と呼ばれるほど力をつけている。ブロガーと呼ばれる双方向の電子メディアで、パソコンで身辺やコミュニティのニュースを流す「一人新聞社」を営む人々だ。その数は八〇〇万人、そしてブロガーのホームページにアクセスする読者は三二〇〇万人いると推計されている。米国の「紙」の新聞社は約一五〇〇社、発行部数は五五〇〇万部であることを考慮すると、米国の「一人新聞社」とその読者の数はいかに多いかがわかるだろう。
ブログが三大テレビの看板ニュースキャスターの誤報を指摘し、訂正させたこともある。三人の弁護士がやっている保守系のブログで、「CBSテレビのブッシュ大統領の軍歴疑惑報道は事実無根」との調査報道を掲載し、大マスコミに一矢報いた。ニュースキャスターは誤報を認め、テレビ面面で謝罪したが、結局辞任に追い込まれた。選挙直前の出来事だった。これが有権者の判断に影響したことは間違いない。
「第四の権力」はマスコミだ。ニューヨフク・タイムスの電子版と。「第五の権力」ブロガーのネット集団と、どちらがオンライン・メディアとして影響力があるか、公開の賭けまでおこなわれている。日本ではどうか。数十万のブロガーがいるといわれるが、市民ジャーナリズムと呼ぶには社会的影響力があまりにも小さい。日本のブログには、社会派が少ない。内輪のグループのおしゃべりや、対話というより独り言の多い情報タコツボ人間型だ。おとなしくて内にこもる。発言者は嫌われる。そういう今日の日本社会の一つの断面が反映しているのかもしれない。
ニューヨーク・タイムスは、自社の「電子版」のなかに、これはと思われるブロガーたちを組織し「一人新聞社」のキー局を設立し、数百万の新規の「電子」読者獲得をめざしている。韓国のオーマイ・ニュースは、「近代のメディアの王者はニューヨーク・タイムスだった。だがポスト近代の王者は市民記者たちのブログ・ジャーナリズムだ」と宣言している。
ニューヨーク・タイムスは「電子」メディアの雄たらんとし、ブロガーたちはこれを阻止しようとする。二ー世紀のメディアの興亡は「紙」の上ではなく、「オンライン」の世界で繰り広げられる兆しがある。
日本では、市民の「電子」メディアが、「紙」の大新聞の挑戦者として名乗りを上げる気配はない。また「オンライン」上で、大新聞系とブロガーが影響力を競い合うこともない。こうした社会状況の違いが日本の新聞の「紙」本位制はまだ安泰だという認識の下支えとなっている。
日本的新聞経営モデルが崩れるとしたら、その要因はなんだろうか。新聞に対する社会の挑戦が巻き起こす風圧ではなく、内なる問題、すなわち、じわじわと進む読者の「紙」新聞離れだ。
まだ発行部数の総体を目立って減らすほどの要因にはなっていないが、世代別に分析すると、インターネット好きの若者を中心に非購読者が年々かなりのテンポで増加している。何年かたって気がついてみたら、一世帯当たりの新聞購読率が米韓並みの水準にまで大きく落ち込んでいた。そのような事態が到来するのは、それほど遠い将来ではないように思える。



内容の補足としては

日経メディアラボ メディアラボの目 「紙とネット」のジレンマ

Passion For The Future 新聞がなくなる日


新聞社の内情情報としては

佐々木俊尚の「ITジャーナル」:
新聞のビジネス的問題点を洗い出した書籍「新聞がなくなる日」


以上のリンクも参考になりますのでお暇があれば飛んでみてください。


この本の内容としては日本の新聞社のビジネスモデルの特徴を米韓の新聞と比較し、その未来を予測すると言った内容です。そして若年層の新聞離れによって日本の新聞がその利益の多くを依存する個別宅配制度はいずれ弱体化し、新聞業も衰退せざるを得ないと言った内容のものでした。新聞業界出身の著者でありながら、日本の新聞の未来を客観的かつ冷徹に見通しているという点では評価できる本だと思います。

しかし、日本の新聞が抱える偏向報道問題については一言も言及がありませんし、韓国のネット言論が生んだのむひょん政権の迷走、国を挙げての反日、排他的民族主義についての記述も無きに等しいです。そういった意味では非常に一面的な記述とも言えます。日本の新聞の抱える諸問題の中で、ビジネスモデル考察のみに偏った書です。

日本の新聞の抱える諸問題の中で一番重要なのは、著者の文を借りるならば、神と人間をつなぐメディアである坊さんが、聖書に書いていないデタラメを言ったらどうなるかという部分にあります。大衆に真実を伝えなかったり、真実を曲げたりする今の日本の新聞の姿はまさに中世カトリック教会のインチキ坊主の姿とそのまま重なります。そして活版印刷は中世の迷妄から中世の大衆を救う役割を果たしましたが、その現代版は間違いなくインターネットに違いありません。そういった視点が全く欠けています。

この本の中には新聞人の言葉も度々引用されていますが、総じてネット言論を軽視、蔑視しています。そのたいそうな自信の割には日本の新聞は極めて閉鎖的です。アメリカのネット版新聞は記事に付随して参考リンクがつく場合が多いそうです。記事の内容に自信があるならば、セカンドオピニオンと比較されても構わないわけですから、広く参照リンクを張っても構わないわけです。しかし、日本の新聞は特定国家、特定団体の真実について決して語らない、隠蔽捏造歪曲に満ちた洗脳工作メディアに堕していますから、真実を知られないように極めて閉鎖的な記事になるわけです。自分たちの世界に閉じこもり、ネット社会との交流を極力避けようとする日本の新聞は、ビジネスモデルとしてだけではなく、言論の質そのものについても明らかにネット言論を恐れています。

最近、ブロガー界の一部で話題騒然(笑)のブログがあります。「世に倦む日々」というブログです。そのブログは「stop the koizumi」運動を提唱し、反小泉プロガー同盟の盟主として日本の言論界を動かそうとたくらんでいます。でもそのブログ、トホホな事にコメントを一切受け付けていません(コレでブログと言えるのかは不明) さらにトラックバックも自分の意見に賛同するもののみを残し、反論のトラックバックは削除しています。自分の言論に自信があるのならば、反対意見に晒されても構わないはずなのですが、自分の言論に自信がないのでしょうか。洗脳と自覚しているのでしょうか。

左翼は議論、とりわけ反論を恐れます。新聞は一方的なメディアです。大衆は新聞のご高説を拝読することしかできません。しかし、ネットは双方向の対話を可能にしました。韓国の中央日報という新聞のネット版(当ブログのニュースサイトいろいろにリンクがあります)にはコメント欄が設置してあり、購読者は新聞記事に対して感想や反論を述べることができ、そのコメントは他の読者も閲覧することができます。中央日報の連日の反日記事には正直辟易していますが、このコメント欄の設置自体は大変斬新かつ立派なものだと私は高く評価しています。日本の新聞も是非、見習ってもらいたいものですが、おそらく無理でしょうね(笑) 隠蔽捏造歪曲に満ちた日本の新聞では、ネット社会に晒されれば瞬殺論破されて信用と信頼ががた落ちしますから。唯一まともな産経新聞あたりが新聞記事にコメント欄を付け、トラックバックも受け付けるようにすれば、他の新聞に対しての改革圧力は高まりますから、勇断していただきたいものです。

今の日本を縛り付けている様々な鎖の中で一番大きな役割を果たしているのが新聞です。自らの既得権のみを重視するその姿勢は、中世におけるカトリック教会そのものです。日本の新聞は
・日本の大衆を自虐史観に縛り続け
・中韓朝の真実の姿を伝えず
・総連、民団、創価、解同などの真実の姿を伝えず
・自らの存立を危うくするネット言論を弾圧する人権擁護法の問題を隠蔽し
・中韓朝と関連団体におもねって反日活動に加担し
・最低限の防衛すら否定するエセ平和活動を推進し
・事実上戦後日本の平和を守ってきた自衛隊と米軍を敵視し
・愛国心を否定して日本を骨抜きにし
・日本を弱体に置き続ける目的の現憲法を過度に神聖化し
・日本の中韓朝への隷属化に力を貸してきた
という大罪があります。

ネット言論の真実の力はもはや新聞の力をはるかに凌駕しています。問題はいかにネット言論が市民権を得るかですね。新聞やテレビなどの既得権メディアは、自らを危地に追いやること確実な、ネット言論に対しての言及を極力避けていますから。短期的には次のアメリカ大統領選挙、長期的には日本の次の国政選挙までに、いかにネット言論が存在感を高められるかが日本の命運を左右するでしょう。



コメント
投稿者:佐倉純@桜日和(2005年10月26日 10:41)
中央日報のコメント欄は面白いですね。
あれがどの程度紙面に反映されているのかは疑問ですが、情報や言論は多くの方向から指摘されるほど洗練されてくる、というのをリアルタイムで実感できるので、非常に便利です。

あれ、ぜひ日本でもやって欲しいですね。
投稿者:SAKAKI(2005年10月26日 21:09)
日本の新聞はあまりにもデタラメを書きすぎたと思います。そもそも記者クラブがあって、苦労もしないで記事を書けたからロクな編集者がいない。挙句、再販制度もなくいまや農業分野以上に規制で守られている。これではダメですよね。
韓国の議論好きは、「単なる自己主張が強い」だけで、「何でもいいから議論に勝つ」文化だと本で読んだ記憶があります。だから彼らはルールを守らない。その結果,お互いの論点から、ある物事の本質を見極めるというプラスの側面、「三人寄れば文殊の知恵」という方向に向かないようです。日本人は議論は苦手と言いますが、実際、「三人寄れば文殊の知恵」的な話し合いは旨いのでしょうね。他人の長所を学ぶことはいつまでも大切なことと思います。
投稿者:まったり(2005年10月26日 23:07)
佐倉純さん
>情報や言論は多くの方向から指摘されるほど洗練されてくる
まさにそこなんですよね。淘汰を経た言論はより説得力を増します。ブロガーは反論異論に拠って磨かれながら日々進歩しているのに、既得権に安住した旧メディアは傲然と交流を絶っているのですから、進歩など望みようもありません。


SAKAKIさん
>そもそも記者クラブがあって、苦労もしないで記事を書けたからロクな編集者がいない。挙句、再販制度もなくいまや農業分野以上に規制で守られている。これではダメですよね。
最近のマスメディアの姿を見ると、彼らこそ最大の既得権者であり、日本を改革していく過程での最大の抵抗勢力と思えるようになりました。何とかしなければならないですね。
投稿者:合言葉  犯流ストップ! テロリストの資金源を断て!(2005年10月28日 04:29)
祝! 2万人突破まで御協力ください 不買運動・断交を呼びかけましょうか(マジ)  共にガンバ(古っ)
偽日本人=国内に十数万人潜伏しているのに参政権などありえない!高明塔は危険ですね  
テロ教団に買収されたマスコミ(テレビ・新聞)を盲信してはいけませんよ 情報の共有を目指しましょう!
コピーしてワードに貼り付けて印刷してくださいチラシは あなたの町に潜む テロリスト・暴力団、支援企業・団体撲滅排除運動展開中!「参考サイト「ビラのHP」「韓国製品不買運動」「パクリ大国南朝鮮」「人権擁護法案反対同盟」「オウム事件の本番」「新興宗教を考察する」「もう黙ってはいられない」「韓国はなぜ反日か?」「韓国をぬるっとWatch」 ※デモの参加を呼びかけるなどの内容その他  
受け取った方はコピーして10人に配ってください※友人に手渡し、近所のポスト入れ、親類に郵送など」
投稿者:BlogPetのあん(2005年10月29日 09:40)
職人や少ないコミュニティをオーマィしなかった。


コメント投稿フォーム:
: [必須]
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバック
トラックバック一覧:
■UFJ銀行のATMに「隠しカメラ」 [続きを読む]
from ■夜の談話室■ (2005-10-26 08:40)
まずは下記の2リンクのコラムをご覧ください。 中国の不動産市況 上海の [続きを読む]
from 20年安泰!日本は復活する。榊雲水雑記帖 (2005-10-27 13:32)
供給過剰の中国  もし、中国のあらゆる供給過剰が行き着くところまで行ったらどうなるでしょうか。まずは世界における中国と日本の状況をみてみましょう。  2003年度における世界の国内総生産(.. [続きを読む]
from 20年安泰!日本は復活する。榊雲水雑記帖 (2005-10-28 19:06)
 第三次小泉内閣がベールを脱ぎました。町村さんがいないのが寂しいですが、この布陣は実務的というか、虚飾なしです。そして会見に臨んだ首相も目元に「涙」が見えました。達成感でしょうか??感激だったのでしょ.. [続きを読む]
from 20年安泰!日本は復活する。榊雲水雑記帖 (2005-11-01 12:38)
ネット時代に入り、紙の新聞の経営が窮地に立たされている。毎日新聞社の元社員が語る新聞の未来像。いささかショッキングなタイトルではあるが、数字を元にした天界は説得力がある。 [続きを読む]
from ぱふぅ家のサイバー小物 (2005-12-03 19:25)
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります
Copyright (C) 曇りのち晴れ. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。