曇りのち晴れTOP ≫  提言 ≫  脱洗脳への道程
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります

脱洗脳への道程

反日の風景を成立させている要因は、洗脳された日本の民衆そのものでした。このいびつな構造を崩すためには、洗脳された日本の民衆を脱洗脳で覚醒させなくてはなりません。しかし、民衆を覚醒させる手段の多くは封じられています。中韓朝と反日勢力は大衆を洗脳するために、新聞テレビなどのマスメディア、教育関連では教員組織の日教組、教科書制作会社を手中に収めています。日本の民衆は反日勢力による洗脳の、厚く高い壁に包囲されている状態なのです。

最近は雑誌書籍などでその壁にもいくつか穴があきつつありますが、まだまだ十分とはいえません。新聞やテレビは購読者数、視聴者数共に圧倒的な存在であり、依然として大きな影響力を保持しています。そればかりかマスメディアには表現の自由という万能の武器&防具があります。新聞、テレビは表現の自由に守られた、反日勢力の砦なのです。新聞、テレビは一方的なメディアです。受け手はただ受け取ることしか出来ません。大きな批判に晒されることもなく、自由に影響力を振るうことのできるマスメディア。選挙による淘汰もなく、存分に大衆を影響下に置くマスメディア。第4の権力どころかマスメディアこそ、民主主義体制下では最大の権力を握っているといっても過言ではありません。

日本は民主主義国家です。反国家的だからといって、これらの勢力を安易に取り締まってしまえば国際的な信用を無くしますし、このような手段は常に諸刃の剣であり深刻な副作用を伴います。また、これが前例となれば戦前の歴史の繰り返しになってしまいます。ですから民衆は自ら洗脳の壁を打ち払って、脱洗脳を果たす必要があります。

そんな行き詰まった状態の日本に救世主のように現れたのが、インターネットでした。インターネットは双方向メディアであり、情報の共有や蓄積もでき、非力な個人による情報発信をも可能にしました。双方向の議論はネット世論を熟成させ、情報の共有や蓄積は常時アクセス可能なデーターベースとなりました。そしてブログなどの情報発信ツールの普及は新たな言論を生みつつあります。

極めて大きな潜在能力を持つネット言論ですが、残念なことにその影響力は微々たるものです。言論系のブログで人気のものでも一日数万アクセスというのが現状です。新聞やテレビの購読者数視聴者数を思うと象とアリが戦っているようなものです。日本の民衆が覚醒に向かっていることは確かですが、パチンコ屋の前を通る度に駐車場が車で溢れるばかりの様子を目にすると、世の中はまだまだ覚醒していないと痛切に感じます。

ではどうするべきでしょうか。やはり、我々は一人一人が自分のできることで粘り強く、洗脳の壁を壊す作業を続けることしかありません。一人一人が周囲の人々を洗脳から解き放っていくことが、日本を救う王道です。今の日本は民間防衛そのものの世界にあります。戦時下なのです。座視していれば、反日勢力に日本は牛耳られ永遠に隷属下に置かれてしまうでしょう。今ではいい流れができつつありますが、安心や油断は禁物です。次回の総選挙で反日政権を許してしまえばネット言論は一斉に弾圧され、日本は韓国化するでしょう。残された時間は余りありません。今後数年が正念場だと思うべきです。

とりあえず今すぐ簡単にできる反日勢力との戦い方を提案したいと思います。ブログの各種ランキングでの自分の賛同共感するブログへの積極的な投票です。お金もかかりませんし、時間もかかりません。私の参加している政治ランキング(投票にはなりません)を見ていただければ、結構上位の方に今の時代にあっては化石としか言いようのない主張をするブログが入ってきています。これはネット界へも反日勢力が介入しつつあると、私は見ます。

私のブログは今現在政治ランキング33位にランキングされ、週間1380ポイントありますが、これは週間で138人の方が投票していただいたことを意味しています。1日あたりに直すと20人ぐらいですね。私のブログは1日あたり300〜500ぐらいユニークアクセスがありますので、投票していただいている方は訪問者の十分の一以下です。仮に反日勢力がプロパガンダブログを作成し、構成員を動員してクリック運動を励行すれば参加者が100人ぐらいであっても週間7000ポイントになり、堂々ベスト10入りすることになります。つまり、ネット世論を工作によって偽ることは十分に可能なのです。

反日勢力のネット言論への介入を許さないためにも、ブログを巡回している方は自分の賛同共感するブログへ積極的な投票をするべきです。反日勢力は団結力と行動力だけはあります。少数であっても彼らのその力こそが、今まで日本を洗脳下に置いてきたのです。何もしなければ何も変わりはしません。自分は何をしなくても世の中は勝手に良くなるだろうと言う考えははっきり言って大甘です。お気に入りブログがランキングに参加していたら、できるだけ投票をお願いします。ランキングに未参加のブログオーナーも、できたらランキングに登録してください。ネット言論界の目立つ部分でまずは反日勢力を圧倒し、覚醒した大衆の力を見せつけるべきです。おそらく、それを機会に色々なものが動き出します。ブログのオーナーは戦っています。応援や援護をしてあげてください。

次回はマスメディアの影響力を削ぐ方法をいくつか提案したいと思います。


応援よろしくお願いします。ランキングが上がると更新頻度が上がります(笑)
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります


コメント
コメント投稿フォーム:
: [必須]
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバック
トラックバック一覧:
ナチスは、精神分析を弾圧したことで知られる。たしかに、その気持ち、分からないことはない。これは、たんなるナショナリズム分析ではない。世界と自分の問い直し=「反省」の形式から、戦後精神史を切りとろうとす.. [続きを読む]
from 書評日記  パペッティア通信 (2005-11-11 21:50)
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります
Copyright (C) 曇りのち晴れ. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。