曇りのち晴れTOP ≫  提言 ≫  山は動くか
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります

山は動くか

昨日エントリの追記でも触れましたが、経過報告です。


asahi.com お問い合わせ・ヘルプ - 朝日新聞社から
http://www.asahi.com/reference/

お問い合わせ YOMIURI ONLINE(読売新聞)
https://app.yomiuri.co.jp/form/index.php

毎日新聞本紙記事についてのご意見・ご感想・お問い合わせ
simen@mbx.mainichi.co.jp

Sankei Web お問い合わせ 読者サービス室
http://www.sankei.co.jp/pr/reference/index.html
u-service@sankei.co.jp
o-dokusha@sankei.net.co.jp

中日新聞へのご意見・ご要望
center@chunichi.co.jp

NIKKEI NET:お問い合わせコーナー
https://sch.nikkei.co.jp/nikkeinet/
250字文字制限につき、当エントリのURLのみ送信。

しんぶん赤旗
hensyukoe@jcp.or.jp

共同通信
feedback@kyodonews.jp

時事通信
webmaster@jiji.com

とりあえず以上の新聞各社に公開要望書を送付いたしました。
みなさまもお手すきでしたら、ご協力お願いします。新聞各社への変革圧力になると思います。


半年ブログをやってきたものとして感じているのは、日本の抱える内憂外患とはつくづく内政問題だということです。中韓朝の反日の構造は、日本国内の反日勢力が日本国民を洗脳の厚い壁で幾重にも包囲し、日本国民に自虐史観と贖罪意識を刷り込み続けることで成立しています。日本国民が自ら洗脳の壁を壊すことができれば、そして日本が毅然たる国家となれば、中韓朝の反日ごっこなど跡形もなく雲散霧消すること間違いありません。

民主主義国家を動かすものは国民民衆の意識と世論です。反日勢力は当然ここに工作を集中します。民主主義は基本スタンスがオープンですし、さらに日本は防諜組織や防諜法が無きに等しく、工作され放題ときています。そして反日勢力は識別困難な在日朝鮮人という、格好の工作要員をも擁しています。工作員はマスメディアや広告会社、教育組織や司法界など、少数で社会に影響力を振るうことのできる組織に重点的に浸透します。その結果として完成しているのが、少数の反日勢力による多数の国民を洗脳し続ける包囲網なのです。

洗脳の条件は一面的な意見や価値観などを、他の意見などに触れさせることなく一方的に伝え続けることで成立します。ですから洗脳の壁を壊す作業とは、異論反論の存在を国民民衆に知らせることに尽きます。それだけのことなのですが、ほとんどの情報伝達系の組織は反日勢力がしっかりと制圧していますから、救いはネットしかありません。

洗脳環境を維持したい側はオープンな議論を必ず拒絶します。ですから洗脳工作機関に堕しているマスメディアに対しては、開かれた報道、双方向の議論という誰にも疑いようのない大義名分で押していけば、必ず窮します。洗脳とはそもそも真実とは程遠いものですから、真実と議論や交流が生じた場合には、洗脳側は根拠と論拠の不足ゆえに必ず敗れ去ります。我々は洗脳マスメディアに対しては、双方向性を要求することで押してゆくべきと考えます。大義名分は誰の目にもこちらのものです。

双方向性を実現することはネットが普及した現在では極めて容易なことです。双方向の議論が有益なことは間違いありません。自分の言い分に自信のないものほど、自らの殻に閉じこもることや弱い犬ほどよく吠えることは洗脳された人でも判断出来ます。双方向の交流や議論をいろいろな理屈を付けてマスメディアが避け続けるのならば、マスメディアとは偉そうにご高説を垂れる割には、はなから公共の利益など頭になく、しかも洗脳機関の自覚十分と言うことをご丁寧にも自ら証明してくれることになります。

未だ返信はありませんが、楽しみに対応を待ちたいと思います。おそらくマンガ嫌韓流に対する処遇と同じように黙殺され続ける公算が大ですが、ネット界だけでも声を大きくして一致団結してマスメディアに圧力を掛け続ければ、局面は必ず動くものと信じています。まずは産経新聞、読売新聞あたりが率先して双方向性を実現していただければ、左派洗脳紙への非難と圧力は自ずから高まると思います。産経、読売は勇気を持って率先して双方向性を実現していただきたいと思います。企業としては部数とシェアを拡大させ、そして公益に奉仕する使命を持つ報道機関としては日本の世論を健全化させる絶好の好機を是非、逃さないで貰いたいものです。


応援よろしくお願いします。あなたの一票から日本が変わります。

banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります


コメント
投稿者:ボンバye(2005年11月17日 02:21)
是非、頑張って下さいとしか現在の私には言えませんけどお許しを。

昨今まで、マスメディアの情報占有率があまりにも高すぎた事が、現在の腐敗を招いた要因だと私は考えてます。

マスメディアとネット、政府の情報三権分立体制となり、交互にチャック出来る体制が最良ではないでしょうか?
そうなるためにもまったりさんの御活躍を期待します。
投稿者:リーベ(2005年11月17日 11:10)
『Meine Sache〜』から来ました。
お話、よくわかりました。私も、最近のメディアに何とも言えない不安を感じておりました。理由あって、まだ朝日新聞なのですが、なんでもない家庭欄にも韓国や中国関係の事が、増えました。今日のTVも小泉外交の片手落ちという報道ばかりですし、”靖国参拝”の時は、賛成が反対を少し上回っていたのにもかかわらず、TVは、”反対”一色で、こちらのマスコミのほうが片手落ちだと思われました。
最近、私がよく見るブログにも、微妙にコメント欄に入ってきたり、何気にTBを貼っている左派がいます。国連人権委員会といい、TVの特集といい、あちらの動きが、ここ最近活発ですよね。気のせいでしょうか。
少し地味なので(すみません!)このブログは、知りませんでした。『韓流なんていらない』もTVの不満が出ていましたし、チナオチとかアジアの真実とか、硬軟取り混ぜて、TBをたくさん打ったほうが、よろしいかと思います。頑張ってください!
投稿者:megumiyazaki(2005年11月17日 21:06)
私にできることは毎日ワンクリックすることくらいなんですけど^^;
でも陰ながら応援していますよ。頑張ってください。私も私の方法で(お笑いマンガ…?)主張していきます☆
投稿者:まったり(2005年11月18日 00:59)
ボンバyeさん
>昨今まで、マスメディアの情報占有率があまりにも高すぎた事が、現在の腐敗を招いた要因だと私は考えてます。
その通りだと思います。嘘を付いても分析源や情報のない国民は「はいそうですか」と受け容れるしかなかったわけですから。

>そうなるためにもまったりさんの御活躍を期待します。
応援ありがとうございます。公開要望書を送りつけてからコメントがめっきり減っていたので思いっきり孤立感を味わっていました(笑)ランキングが上がっていなければとてもやっていられなかったと思います。


リーベさん
>理由あって、まだ朝日新聞
同情いたします(涙)

>少し地味なので
ランキングも最近参加したばかりですし、TBも控えめですから地味なのも当然かもしれません(笑)
でも日本の現状を変えるためには何が必要か、何をするべきかが私なりに明瞭になりましたから、躊躇無く突き進もうと思っています。

>TBをたくさん打ったほうが、よろしいかと思います。頑張ってください!
ご助言通りに今日はちょっと多めにTBを送っておきました。応援ありがとうございます。


>megumiyazakiさん
いつも応援ありがとうございます。

>私も私の方法で(お笑いマンガ…?)主張していきます☆
megumiyazakiさんのような親しみやすい表現も目覚ましには有効ですよね。私もまた癒されに伺います(笑)

投稿者:ko-bar-ber(2005年11月18日 23:11)
日本の報道自由度が韓国より低く評価されているのも、こうした背景があるように思っています。
それにしても行動派ですね!
順次、途中経過を期待しています。
投稿者:まったり(2005年11月19日 01:34)
ko-bar-berさん

>日本の報道自由度が韓国より低く評価されている

え〜〜〜〜あの言論弾圧国家にですか。
でも冷静に考えれば日本のメディアは敵性勢力によってほぼ乗っ取り完了済みなわけですから、無理もないかもしれません。マスメディアの偏向報道はやっぱり放置できない問題です。
コメント投稿フォーム:
: [必須]
認証:
 [必須]
※ 画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバック
トラックバック一覧:
★榊流 日露同盟論  日本とロシアは補完関係になりうる。それは両国の努力により可能でもある。 ブッシュ来日   京都にいながら「京都議定書」にはひとことも触れなかったで [続きを読む]
from 目指せ1億!復活ニッポンで儲けましょう。榊雲水雑記帖 (2005-11-17 14:18)
  吉田松陰   攘夷を目指した志士といえばまず、長州藩士、吉田松陰があげられるだろう。 松下村塾の創始者であり、幕末において思想的に秀でた藩士であった。 彼が、攘夷を目指す決意の背.. [続きを読む]
from 売国反対!攘夷への道 (2005-11-17 19:58)
もう、これに関しちゃ前置きいらないでしょう。ヒトラー例えに靖国批判 中国外相、訪問先の韓国で以下、記事引用。中国の李肇星外相は15日、「ドイツの指導者がヒトラーやナチス(の追悼施設)を参拝したら欧州の.. [続きを読む]
from 閣下の憂鬱 (2005-11-20 01:25)
banner_04.gif あなたの一押しが私の力になります
Copyright (C) 曇りのち晴れ. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。